大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

徳川将軍

歴代の徳川将軍で大河によく出てくるのは、戦国物では初代家康と2代秀忠。
元禄の忠臣蔵では5代綱吉と8代吉宗あたり。
そして幕末物では14代家茂と15代慶喜でしょう。

こういった将軍の役を幾度も演じている人がいます。
最多は津川雅彦さんではないでしょうか。
74年「勝海舟」では慶喜
87年「独眼竜政宗」では家康
95年「八代将軍吉宗」では綱吉
00年「葵徳川三代」では再度家康
と4回も将軍になりました。

次に目に付くのは西田敏行さんの3回
95年「八代将軍吉宗」では吉宗
00年「葵徳川三代」では秀忠(津川さんと親子です。)
06年「功名が辻」では家康に出世しました。

あと西田さんの子供として引っ張られるように中村梅雀さんが2度やってます。
00年「八代将軍吉宗」では9代家重
06年「功名が辻」では秀忠

そうそう、梅雀さんはかつて85年水曜ドラマ「真田太平記」でも秀忠役でしたからね。
この時は父中村梅之助さんが家康役でありました。
きっといつか大河でも家康役をやるべき役者さんだと私は見ています。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード