大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

2度目の登場

今年の「龍馬伝」は68年の「竜馬がゆく」以来の坂本龍馬が主役です。
過去の大河で2度も主人公になったのは他に3人います。

73年「国盗り物語」と92年「信長」での織田信長。
65年「太閤記」と96年「秀吉」での豊臣秀吉。
83年「徳川家康」と2000年「葵徳川三代」での徳川家康。

やっぱり三英傑の名前が上がりましたねー。
いつも歴史上の人物で龍馬と並び人気を二分するのは信長ですが、
大河での作品では秀吉の方が評価が高いようです。
また、家康を主人公に持ってくると地味な作品になりがちですね。

主役を演じた役者の方はどうでしょうか?
龍馬・・・北大路欣也、福山雅治
信長・・・高橋秀樹、緒形直人
秀吉・・・緒形拳、竹中直人
家康・・・滝田栄、津川雅彦

これも個性では秀吉陣営が精彩を放ってますが、龍馬や信長は勢いを
感じさせる面々です。家康は少し控えめかな。
ということは、お祭り男的などんどん行くタイプの人物が人気
ということでしょうね。例えば、石原裕次郎や長嶋茂雄とか加山雄三なんかかな。
そういえば、こういう楽しいタイプ最近あまり出現していませんね。
淋しいことです。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード