FC2ブログ
ここ10年くらいの大河を見ていると、主人公のスケールが小さくなりました。
2000年の「葵徳川三代」の家康や2001年「北条時宗」を最後に
出てくる主人公がグッと小粒になってしまいましたね。

かつての大河は信長・秀吉・家康などの最高権力者が主人公なので、
誰でも知っているエピソードをダイナミックに表現するという演出が
ウケていたと言えるでしょう。

最近の主人公では直江兼続、篤姫、山本勘助、山内一豊などのチマチマとした
エピソードを物語にしているので、どうもメリハリが弱いのです。
一応歴史的大事件には関わっているのですが、主体的な動きをしたかのような
脚本上のアレンジがみえみえで、「本当に兼続がそこまでやったのかよ!」とか
「篤姫にそんな力あったのかしら?」と言いたくなる場面が多々ありました。

そういう面からすると、今回の龍馬は典型的な調整役の役割ですから、
狂言回し的な動きをして幕末の有名人たちの中でパフォーマンスを発揮できる
のではないでしょうか。
勝海舟が登場したので、徐々に薩摩・長州のエライさんたちも出てくることでしょう。
イカルス号事件、いろは丸事件、寺田屋事件などなどイベントも盛り沢山あり、
どう始末するか今後の展開が楽しみであります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/84-9c65d2bb