大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

勝海舟

「龍馬伝」ついに勝海舟が登場しました。
武田鉄矢さん、ちょっとフケ過ぎかなーとは思いましたが、
「篤姫」の北大路欣也さんよりはマシかなと思い直しました。
そういえば、北大路さんは元祖竜馬でしたね。

武田さんは大河では味のある役が多いです。
「太平記」での楠木正成なんか旧来のイメージを打ち破る田舎のオッサン風で好演でした。
「徳川家康」での太閤秀吉、余命幾ばくも無いところで家康はじめ五大老に向かい
「秀頼のこと、おたのみ申します。くれぐれも秀頼のこと、おたのみ申します。」
と呪文のように繰り返していたのが偲ばれます。

歴代の勝海舟役を見てみましょう。
「竜馬がゆく」加藤大介
「勝海舟」  渡哲也→松方弘樹 渡の病気で途中交代
「翔ぶが如く」林隆三
「徳川慶喜」 坂東八十助
「新選組」  野田秀樹
「篤姫」   北大路欣也
「龍馬伝」  武田鉄矢

どうでしょうか、この中では林隆三さんや坂東八十助さんはイイ線行ってたと思います。
海舟は江戸っ子らしいスパッとした決断力がないといけません。
果たして田舎っぽい武田さんが、どう演じるのでしょうか?
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード