「翔ぶが如く」をベースに過去の大河と見比べていますが、
ついに遡ること「竜馬がゆく」との比較。
さすがにここまで来ると覚えている人も少ないから言いたい放題です。

高橋英樹さん、なんと「竜馬がゆく」にも出てたんですよ、武市半平太で。
ほんと、いい役をいつも振られますね。
これがきっかけで時代劇俳優になったみたいです。

もう1人両方に出ていたのが三木のり平さん。
「翔ぶが如く」では江戸の火消しの棟梁:新門辰五郎。
「竜馬がゆく」では架空の人物で、竜馬を慕う「寝待ちの藤兵衛」というスリ役。
いづれも町人役でいい味出してました。

こういった粋な役ができる役者さんがいなくなりましたね。
しいて上げれば、堺正章さん。
そういえば「徳川慶喜」で堺さんが新門辰五郎でしたね。

そうそう、とっておきの話を思い出しました。
「龍馬伝」で岩崎弥太郎が可愛い奥さんをもらいましたよね。
喜勢さんという名前です。
キレイな人だったのでしょうか。
「竜馬がゆく」では、あの大原麗子さんが演じていたのです。
ちなみに岩崎弥太郎は中尾彬さんでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/72-4326114f