FC2ブログ
2010
03.29

「翔ぶが如く」と「花神」

Category: 幕末
77年の「花神」と90年の「翔ぶが如く」。
13年の開きがありますが、どちらにも出演していたのが次の3人。
いづれも大河の常連さんです。

西田敏行  山県有朋  西郷隆盛
高橋英樹  河井継之助 島津久光
草笛光子  野村望東尼 お由羅の方

左側が「花神」での役ですが、ここでも高橋英樹さん出てましたね。
なかなかおいしい役どころばかりです。

女優最多出演の草笛さん、さすがKEYとなる女性の役での出番が多い。
野村望東尼はあまり馴染みがないかもしれませんが、高杉晋作を支援し
その最後を看取った尼さんです。

司馬遼太郎の「世に棲む日日」のタイトルとなった高杉の辞世の句
「おもしろき こともなき世を おもしろく」とここまで詠んだところで
高杉が息絶え、望東尼が「 棲みなすものは 心なりけり」と下の句を
継いだとありました。

高杉晋作と坂本龍馬、ともに志半ばで亡くなった革命家ですが、
司馬さんの筆致のせいか雰囲気が似てますね。
果たして、こういう人たちが明治の世まで生きながらえていたら、
歴史上の評価はどう変化したのでしょうかしら。
早めに退場した人は得ですよね。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/71-3e487660
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top