大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

樅の木は残った・・・読後感想

やっとこさ「樅の木は残った」の原作本を読み終わりました。
結構ダラダラと書いてあるので、読み続けるのに手間がかかりました。

面白かったのは、「断章」というタイトルで挿入されている部分。
物語の進展に合わせて、悪役の伊達兵部が家臣やあちこちへ
送り込んでいるスパイと会話しているシーンです。
1人称で兵部の言葉だけで成り立っていますが、こういう表現方法は
山本周五郎さんのオリジナルでしょうか?
いつかマネしてみましょう。

読み終わっても、よう分からんね。原田甲斐。
西郷さんも、よう分からんお人だったけど、それ以上だね。
やっぱり、田村正和より平幹二朗の方が合ってましたね。
「眠狂四郎」風の人よりゴツい感じの人の方がいいようです。
あの時期に演じるのは無理でしょうが、マツケンこと松平健さんあたりが
適役と感じました。
だって大鹿と格闘するような、ある部分猛々しい人ですよ。
格闘家の雰囲気もないといけません。

先日のテレビ朝日系のドラマでは伊達兵部は笹野高史さんでしたが、
笹野さんだと人のいいオッサンという雰囲気があるので、
腹黒さでは大河の佐藤慶さんの方がマッチしてました。
私の視点では、この「樅の木は残った」に無くてはならないのが
伊達兵部で、それに踊らされたのが原田甲斐という構図です。
そして、その上にいるのが巨悪:酒井雅楽頭でしょう。
この3人の中では、やっぱり原田甲斐がキャラで負けてますね。

ここは「新・樅の木は残った」として巨悪と化した原田甲斐を復活させれば、
分かり易い明確なキャラとして断然生きてくると思うのですがねぇ。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード