大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

不人気大河の理由2

さて、昨日の続きで視聴率ワースト2の68年「竜馬がゆく」について。
司馬さんの小説は、踊るような青春物語で長い作品ですが一気に読めます。
テンポと歯切れがよく、のめり込むように読破した記憶があります。

大河の方ですが、高校2年生で「のめり込む」ように見た覚えはありません。
多分テンポ歯切れともよくなかったのではないでしょうか。
今の「龍馬伝」と同じく、主役の竜馬(北大路欣也)さんも印象薄いです。
反面、武市半平太(高橋英樹)や岡田以蔵(前田吟)はよく覚えてます。
乙女姉さん(水谷良重)や勝海舟(加藤大介)なんかも記憶していますから、
それなりに見ていたのでしょう。
でも竜馬については、「うすぼんやり」とした記憶なんです。

竜馬さんもいろいろやったのでしょうが、歴史的には黒子なんですね。
歴史上の人物としては、人気はいつも織田信長と1位を争っていますが、
どうなんでしょう。司馬さんに作られたヒーロー像と言ったらファンに怒られるかな。

そうそう思い出しました。我々が高校2年生の時、熱中していたテレビドラマがありました。
それはあの「巨人の星」でしたね。
あの頃のヒーローは何と言っても「星飛雄馬」。
正直大河ドラマよりもこちらに興味があったので、「竜馬がゆく」のスジは
全くと言っていいほど記憶にありません。
まあ、それくらい人気が無かったということで本日はご勘弁下さい。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード