FC2ブログ
2010
01.14

最高の名シーン

Category: 政宗
今日は信長のことを書こうかなーと思ってましたが、急遽変更。
昨年の「天地人」まで48作ある中で、私が最高の名シーンと太鼓判を押す
感動の場面をご紹介します。丁度YouTubeにあったのを思い出したもので。

それは「独眼竜政宗」前半部分の山場です。
秀吉から再三参陣要請を受けていたにも拘らず、政宗がなかなか領地から出て行かず、
やっとこさ家康のとりなしで小田原の陣に遅参するシーンです。
遅れて来たわけですから、秀吉の怒りがどの程度のものかも分からず、
不安の中、真っ白の死に装束で目通りするという政宗一世一代の奇策であります。

関白秀吉にはNHK初出演の今は亡き勝新。
真ん中にどーんと構え、居並ぶ諸大名は右手に家康(津川雅彦)左手に前田利家(大木実)。
そのはるか手前に恐る恐る不安と焦燥の中で政宗が平伏しています。

中でも「運のよいヤツよのー、小田原城が落ちた後なら、その方の首はなかった。」
と持っていた杖で政宗の首筋をビシッと叩くシーンをとくとご覧あれ。

http://www.youtube.com/watch?v=4LnwNGq-LjQ

どうでした?叩かれた渡辺謙もさぞや痛かったと思われるほど、目いっぱい勝新叩いてましたね。
その後、秀吉と政宗二人きりで全陣形が見える頂に行き秀吉が説明を始めます。
途中小便がしたくなった秀吉、腰の刀を政宗に渡して用を足します。
政宗はいつでもその刀で秀吉を斬ることができるのに、貫禄に負けて何もできません。
その後の運命を暗示するように秀吉に従い、更には次の家康にも屈服せざるをえないという
戦国のナンバー3を決定づけるような象徴的な名場面だと思います。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/6-ded3a9e9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top