FC2ブログ
最終日の四日目は、だだっ広い温泉宿に1人で泊っていたので、朝5時頃に目が覚めました。
温泉に入り、9時出発の予定より2時間も早く行動を起こしました。
こちらは朝靄のたちこめる鄙びた温泉宿からの風景です。
IMG_20190626_044728.jpg
会津柳津駅に向かう途中に昨日は気づかなかった古刹がありました。
かなりの歴史を感じさせるたたずまいです。
IMG_20190626_073120.jpg
50分ほど只見線の列車に乗り、8:47には会津本郷駅に到着しました。
降りる客は当然のごとく私1人でした。
IMG_20190626_084914.jpg
駅から真っ直ぐ延びる道路の先に見えるのは目指す山城・向羽黒山城でありましょうか。
IMG_20190626_085016.jpg
駅前の左手にある倉庫は、これまた年代物の歴史的建造物ですね。
IMG_20190626_085032.jpg
歩いて向かう会津本郷の町並みも昭和というより戦前の雰囲気が残ります。
IMG_20190626_090904.jpg
駅から歩いて15分くらいで城跡の登山口に到着しました。
さすが続100名城に指定されたところ、案内がしっかりしています。
IMG_20190626_091106.jpg
車が1台通れるくらいの山道ですが、ちゃんと舗装されています。
IMG_20190626_092038.jpg
城めぐりだけではなく、こんなフィールドアスレチックの人も訪れるので道路が整備されているのですね。
IMG_20190626_092415.jpg
登ること15分くらいで最初の城跡である三の丸に着きました。
曲輪(くるわ)があったのとここは見張台の役目があったのではないでしょうか。
IMG_20190626_093457.jpg
熊鈴をつけて散歩していたオジさんに教えられて、舗装した道からこんな階段で二の丸に行く道を行く事にしました。
IMG_20190626_095356.jpg
人が通る道があるので、これがかつての大手道なのでしょうね。
IMG_20190626_095527.jpg
おうおう、石垣で出来た虎口が現れました。これは明らかに城の一部です。
IMG_20190626_095831.jpg
人工的な土塁を通り二の丸へ向かいます。
IMG_20190626_100256.jpg
小高い山の上に平たくなった二の丸がありました。ここも見晴らしがいいようです。
IMG_20190626_100338.jpg
そしてさらに舗装された道路の脇から本丸への階段が続いていました。
IMG_20190626_100923.jpg
この様な石段が延々と続いていて、かなり急峻な山の上に本丸はあるようです。
IMG_20190626_101321.jpg
虎口が現れたので、目指す本丸は近いのでしょうか。
IMG_20190626_101557.jpg
ところが石段はまだまだ続き、汗も大量に流れ出て我慢の限界です。
さらに周りには熊ん蜂が数匹警戒に現れ、ヤバイ状況になっています。
IMG_20190626_101826.jpg
やっとのことで本丸に到着。
ここが伊達政宗に倒されるまで奥州に覇を競った名門・蘆名家の居城であります。
山城としてはとんでもなく巨大な城でありました。
蜂たちがせわしなく飛び回っているので、くつろぐこともできずに急いで下山します。
IMG_20190626_101854.jpg
熊鈴のオジさんと出合った休憩所まで降りてきて、やっと一息入れることができました。
大汗をかいたので、着ていた物を乾かすとしましょう。(2~30分でカパカパに)
遠くには会津のシンボル磐梯山を望むことができました。
IMG_20190626_103817.jpg
帰りは登山口付近のバス停から会津若松駅行きがあったので助かりました。
ここからは磐越西線経由で郡山発15:05の新幹線E5系「やまびこ48号」に乗り
17:30には横浜に戻ってきました。
IMG_20190626_121556.jpg
東北城めぐりの旅4日間おわり。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/551-d772b692