FC2ブログ

東北城めぐりの旅④猪苗代城

三日目はホテルから仙台駅へ早朝に向かいます。今日も梅雨の晴れ間でいい天気です。
IMG_20190625_082020.jpg
8:39発のE2系「やまびこ128号」に乗り、郡山駅で磐越西線に乗り換えます。
IMG_20190625_085318.jpg
10:24に到着したのは猪苗代駅であります。
IMG_20190625_102738.jpg
駅からは会津磐梯山へ向かって一直線の道があり、あの山の麓に目指す猪苗代城はあります。
IMG_20190625_103756.jpg
歩くこと30分で何やら城跡らしい土塁が見えてきました。
IMG_20190625_105104.jpg
見上げる急峻な堀の頂上が城跡なのでしょうか。
IMG_20190625_105249.jpg
ぐるっと回り込む形で進んで行くと、城塞らしい堀切がありました。
この辺りの造りは中世の城構えですね。
IMG_20190625_105851.jpg
下の三の丸?は小学校の敷地になっています。
かつての館跡なのでしょう。
IMG_20190625_110613.jpg
さらに上段の曲輪(くるわ)があるようなので、そこが本丸なのかしら?
IMG_20190625_110633.jpg
本丸まではらせん状に歩かされていて、道は堀切の下なので上から銃や弓を射掛けられては、ひとたまりもありません。
小さい城かと侮っていましたが、意外とこの城は堅固な要塞だったのですね。
IMG_20190625_110709.jpg
どうやら私は搦め手側側から登ってきたようです。
IMG_20190625_110956.jpg
なかなか見事な石垣で造られてあり、「四脚門跡」とあります。
この石垣は中世ではなく江戸期の石垣ですね。
IMG_20190625_111050.jpg
門を入ると右手に黒い石像の人物がいました。
ここ猪苗代出身の有名人といえば・・・野口英世に間違いないでしょう。
IMG_20190625_111125.jpg
奥の方にも堅固な石垣が見えます。「二の丸櫓門」とあります。
IMG_20190625_111248.jpg
更にその奥の一段高いところが本丸でありました。
IMG_20190625_111417.jpg
一番奥の北側からは磐梯山の雄姿が見て取れます。
先ほどの小学校もこちら側にありました。
この猪苗代城は鎌倉初期に源頼朝が奥州征伐をした際に、付き従った三浦氏の一族がこの地を賜り、猪苗代氏と名乗ったのが築城の始まりだそうです。
その後、戦国期を経て交通の要衝だったのが理由なのか、「一国一城令」の例外として江戸期も維持された城なのであります。
IMG_20190625_111601.jpg
裏側から登城したので帰りは大手口を降りるとしましょう。
IMG_20190625_111819.jpg
正面からは重厚な石垣と階段が続いてました。
IMG_20190625_112227.jpg
右手に鐘楼が見えますが、この辺りには多門櫓があって、
大手口を守る枡形虎口を形成していたものと思われます。
IMG_20190625_112604.jpg
別名「亀ヶ城」とも言われたようですが、正面からみると本格的な石垣の城でした。
向かって左方向が駅だったので、搦め手側からつい登りましたが、裏側の堅固な様子も見学できてよかったと思います。
「猪苗代城」100名城や続100名城にも入っていませんが、穴場の城郭でありました。
おススメです!
IMG_20190625_113136.jpg
スポンサーサイト



2019/07/12 15:53 |城めぐりCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |