FC2ブログ

大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

「休日おでかけパス」の旅②岩槻城・大宮公園

宇都宮線で古河から大宮まで戻ってきて、さらに東武野田線に乗り換えます。
IMG_20190502_140535.jpg
10分ほど乗車して、人形の町・岩槻駅で下車します。
IMG_20190502_142215.jpg
駅から歩いて15分ほどで元荒川の湿地帯に築かれたという岩槻城を探索します。
IMG_20190502_144447.jpg
本丸の方とは反対側がお城のような雰囲気があったので、そちらから先に攻めてみましょう。
IMG_20190502_144643.jpg
先ほどの地図では沼の手前の「新曲輪」と表示されたところですね。
IMG_20190502_144728.jpg
さて、本丸を囲んだ沼地はすでになく、大きな公園と化しています。
IMG_20190502_145215.jpg
沼は埋め立てられ、わずかに水場が残っています。
IMG_20190502_145911.jpg
さらに奥に進んで行くと、池がありかつての雰囲気を色濃く残していました。
IMG_20190502_150312.jpg
これはどうやら本丸を囲む土塁の跡のようです。
この上に本丸があったのでしょうね。
IMG_20190502_150402.jpg
明らかにこれは本丸へのアプローチである大手道と推測できます。
IMG_20190502_150526.jpg
回り込むとやはり本丸の虎口が見えてきました。
IMG_20190502_150612.jpg
中世の城構えのような浅い空堀が両脇にあるこれは、つまり「土橋」ですね。
IMG_20190502_150641.jpg
江戸期の長屋門も残されてあります。
IMG_20190502_150802.jpg
かつての本丸には公民館が建てられてありました。
IMG_20190502_151156.jpg
1時間ほど滞在して岩槻駅に戻りましたが、メインストリートには人形のお店がいくつか並んでありました。
IMG_20190502_155250.jpg
大宮に戻る途中に1つ手前に「大宮公園」という駅があったので、下車してみました。
すると木の生い茂った大きな公園が広がっていました。
初めて下りたのですが、大宮とは緑の多いところだったのですね。
IMG_20190502_162437.jpg
どうやらこの公園は氷川神社の境内のようです。
さすが武蔵の国の一宮、大宮という地名の由来がよく理解できました。
IMG_20190502_163008.jpg
こらが氷川神社の本殿であります。
IMG_20190502_164223.jpg
入り口も立派な門構えですね。
IMG_20190502_164424.jpg
参道を歩いて大宮駅の方へ向かい、この町が門前町として発展した様子を肌で感じたことでした。
IMG_20190502_165354.jpg
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード