FC2ブログ

大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

「休日おでかけパス」の旅①古河公方館跡

JRの「休日おでかけパス」(首都圏近郊を休日に限り1日乗り放題で2670円)を使って、
行ったことのない北関東の城をめぐってきました。
先ずは上野東京ラインを使い茨城県の古河駅で下車しました。
IMG_20190502_112222.jpg
旧日光街道の面影を残す古河のメインストリートです。
IMG_20190502_113000.jpg
駅から街道を南に歩くこと30分、目指すところの看板がありました。
IMG_20190502_115227.jpg
なかなかシャレた入り口になっています。公園ですからもちろんタダです。
IMG_20190502_115804.jpg
自然を生かした広大な庭園になっています。
IMG_20190502_115905.jpg
そうは言っても、中世の武家の館跡。土塁がちゃんと残っています。
IMG_20190502_120032.jpg
館へのアプローチはなんと茶畑になっていました。
IMG_20190502_120201.jpg
かつての邸宅跡には古民家が移築されてありました。
IMG_20190502_120254.jpg
かつての名主さんの門構え?のようですね。
IMG_20190502_120555.jpg
この土塁に囲まれた屋敷跡は、室町幕府の足利将軍家が関東の押さえとして置いた鎌倉公方の嫡流で、
室町後期にはこの地方に移ってきた古河公方の屋敷跡なのです。
IMG_20190502_120646.jpg
屋敷の裏側にも土塁が続いています。
IMG_20190502_120833.jpg
屋敷の背後を流れる渡良瀬川を自然の堀としていたようです。
IMG_20190502_121028.jpg
さて橋を渡ってみましょう。
IMG_20190502_121334.jpg
こちら側は遊歩道と公園になっています。
IMG_20190502_121545.jpg
古墳のような高台があるので登ってみましょう。
IMG_20190502_121834.jpg
頂上からは休日に遊びに来た家族の様子が見渡せました。
IMG_20190502_121931.jpg
ちょっと盛りを過ぎた藤棚が目を和ませます。
IMG_20190502_122036.jpg
更に奥に歩いて行きましょう。
後北条氏に鎌倉を追われ、この地で130年ほど続いた古河公方ですが、
最後の足利義氏の墓が訪れる人も無くひっそりとありました。合掌。
IMG_20190502_122413.jpg
小1時間ほど探索して、古河公方公園を後にしました。
IMG_20190502_122824.jpg
かつて「奥の細道」を歩いた時にも寄った古河宿ですが、これほどの歴史があることを知りませんでした。
今回は再訪できてよかったと感じました。
やはり1度訪れただけで、「あそこは行った」などと早合点できませんね。
IMG_20190502_124611.jpg
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード