大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

栃木:唐沢山城(前編)

この連休にJRの「休日おでかけパス」(乗り放題で2760円)を使って、続100名城に指定された栃木県にある唐沢山城などを訪れてみました。
休日はグリーン車も安いので、大船から乗り込みましたがガラガラです。
IMG_20180430_074000.jpg 
2時間ほど乗車して、久喜駅で東武鉄道に乗り換えます。
やっぱりグリーン車は落ち着きますね。まだまだ乗っていたい気持ちでした。
IMG_20180430_093420.jpg
途中の館林駅で乗り換えて、佐野方面へ向かいます。
佐野を過ぎてから見えてきた山の上に唐沢山城があるようです。
IMG_20180430_104032.jpg
佐野線は2両のみのいかにもローカル線といった風情でした。
IMG_20180430_104218.jpg
こちらが最寄り駅の田沼というところです。
IMG_20180430_104409.jpg
鄙びた駅ながら駅前にタクシー会社があったので、時間短縮のためタクシーを利用して一路山頂に到着です。
やはり連休ですね。駐車場は満杯でした。
IMG_20180430_105523.jpg
さすが続100名城に選定された城。入り口の石垣で造られた枡形は立派なものです。
IMG_20180430_105623.jpg
入城してすぐに「天狗岩」との表示があります。行ってみましょう。
IMG_20180430_110220.jpg
タモリが見たら興味を持ちそうな大きな堆積岩がありました。
IMG_20180430_105852.jpg
櫓のような見張台があった場所のようです。
IMG_20180430_105959.jpg
全体図や見所を紹介している看板がありましたが、かなり規模の大きな山城だったようです。
藤原秀郷の流れをくむ佐野氏の居城で、あの上杉謙信の猛攻を幾度と無く退けた名城でもあります。
IMG_20180430_110412.jpg
「大炊の井」と名付けられた井戸には今でも満々と水をたたえていました。
IMG_20180430_110530.jpg
今では唐沢山神社となっている主郭部分へ行けるのはこの道だけのようです。
IMG_20180430_110603.jpg
こちらは三の丸の外側にある空堀と土塁です。
IMG_20180430_110707.jpg
すぐには本丸に突入せずに三の丸を回りこんで搦め手側を覗いてみましょう。
IMG_20180430_111340.jpg
奥の方の曲輪に行ってみると、案外広くて館などが建てられた場所がありました。
IMG_20180430_111502.jpg
更にその先は空堀となっていますが、まだ先に曲輪があるようです。
IMG_20180430_111612.jpg
ここが最先端の出丸のようです。
IMG_20180430_111647.jpg
主郭部に戻ってみると、土塁の上の方は石垣で固められています。
江戸期以前には関東に石垣の城はないと言われていますが、以前訪れた群馬の金山城も同じような造りでした。
近江の穴太衆(あのうしゅう)がいなくてもここ北関東では石垣の技術があったのかもしれません。
IMG_20180430_112310.jpg
搦め手側にも立派な石造りの門があり、ここから主郭部へ入城することにしましょう。
IMG_20180430_112414.jpg
見所が多いのでつづく・・・
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード