2017
11.12

奥埼玉への旅①杉山城(嵐山町)

Category: 城めぐり
今年「続100名城」に選ばれたという杉山城に行ってきました。
中世の山城の教科書的な城という記事を見つけて、朝7時に横浜の自宅を出発し3時間かけてたどりつきました。
場所は東武東上線の武蔵嵐山駅という東上線の終点近くの田園地帯にあります。
IMG_20171111_102412.jpg

東上線武蔵嵐山駅からのどかな畑の中を歩くこと30分くらいで、杉山城と思われる小高い丘が近くなりました。
IMG_20171111_102909.jpg

麓に着くと「大手入口」という看板があり助かりました。今はお寺の敷地にもなっているようです。
IMG_20171111_103240.jpg

このお寺の奥が城跡のようです。いかにも中世の山城という雰囲気ですね。
IMG_20171111_103551.jpg

丘を駆け上がると、土塁と堀で防御された城の形状が見えてきました。
IMG_20171111_103954.jpg

城郭へ通じるのは細い土橋だけで、固い防御性を感じます。
この城の造り方が後北条氏のもののようであるのに、出土品がそれより以前の山内上杉氏のものが多く、
築城の人物や時代が不明であることが「杉山城問題」となっています。
IMG_20171111_104002.jpg

土橋を渡ったところが三の丸となっています。
続100名城の幟が見えますね。
IMG_20171111_104059.jpg

さて右手の「食い違い虎口」を登ると二の丸でしょうか。
IMG_20171111_104209.jpg

おおー、かなり広い敷地の二の丸であります。この辺りには館があったのでしょう。
IMG_20171111_104233.jpg

二の丸の外側を見ると、土塁と堀で堅固に守られています。
中世の山城としては確かに手本となるような築城技術があります。
IMG_20171111_104337.jpg

そしてあの細い土橋を渡って行く事にしましょう。
IMG_20171111_104445.jpg

やはり本丸の入り口は最後の虎口で固く固く守られていますね。
IMG_20171111_104525.jpg

そしてここが若干狭めの本丸です。あの一段高いところにも館があったのでしょうね。
IMG_20171111_104602.jpg

2008年に比企郡嵐山町近辺にある菅谷館、小倉城、松山城に追加される形で国の史跡になりました。
IMG_20171111_104630.jpg

本丸の裏側にも下りてみましょう。
IMG_20171111_104807.jpg

高い土塁で確実に守られています。
IMG_20171111_105428.jpg

本丸からは周りの空堀や隣接する中学校などが眺望できます。
あまり有名な城跡ではありませんでしたが、中世の山城として満足度のかなり高いものでありました。
意外な掘り出し物という感想でした。
IMG_20171111_105728.jpg

駅の反対側にある次の目的地まで小1時間歩いて行きましょう。
街道沿いを歩いていると、道祖神や古い墓石があります。
この辺りは古くからの街道があり、人の往来もあったことがしのばれます。
IMG_20171111_112800.jpg

ふと右手を見ると、簡素な喫茶店があったので寄ってみることにしました。
IMG_20171111_113727.jpg

朝から電車と歩き詰めで、ホッとするティータイムであります。
私と同年輩のご夫婦でやられていて、開業6年だそうです。
奥さんだけで始めて、旦那さんがリタイアしてから加わったそうです。
巨峰のショートケーキとコーヒーで750円。おいしかった!
IMG_20171111_114341.jpg

さて次は菅谷館跡へ、つづく・・・
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/493-2c29ce2b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top