大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

JRで行く北海道1周の旅③

最終日は函館に滞在し、翌朝北海道新幹線で一路自宅へ帰ります。
いつもは函館駅で下車するのですが、今回はその手前の五稜郭駅で下車して歩いてみることにしました。
IMG_20170906_142910.jpg

駅名で勘違いする人がいるかもしれませんが、歩くと五稜郭までは30分くらいかかります。
今日のホテルは五稜郭の近くなので、ついでに歩くことにしたのです。
函館は10度以上訪れた場所で、第2の故郷と言っていいくらい地理に詳しくなっています。
IMG_20170906_150614.jpg

せっかくですから、五稜郭の中も歩いてみましょう。
再建された函館奉行所とバックの五稜郭タワーはいかがでしょうか。
IMG_20170906_150920.jpg

函館奉行所の方は入ったことがありますので、今回は外観だけにいたしましょう。
IMG_20170906_151036.jpg

1時間ほど歩いたので、少し喉が渇きました。
ホテルにチェックインする前にお馴染みの「ラッキーピエロ」へ寄ることにしましょう。
函館に来たら必ず行くハンバーガーショップです。
IMG_20170906_152030.jpg

昼食は帯広で買った名物「豚丼」を列車の中で食べたので、ここではコレ!
コーラとソフトで400円、安いでしょう。
IMG_20170906_154208.jpg

夜は行きつけの回転寿司「函太郎五稜郭店」へ。
ここも安くて旨いんです。函館に来た時の定番ショップですね。
2000円程度で満足の夕食でありました。
ホテルへの帰路、五稜郭タワーが堀を照らしてました。
IMG_20170906_181913.jpg

翌朝は函館駅に出てお土産を物色して、新函館北斗駅に向かいます。
5日間の北海道JR乗り放題の旅も最終日ですね。
IMG_20170907_091351.jpg

キラキラと美しく輝く「新幹線はやぶさ」のフォルム。日本の英知の結晶ですね。
北海道内の特急の老朽化が顕著だったので、新幹線の美しさ清潔さを如実に感じました。
これで一路、東京へ4時間の乗車となりますが、快適な車内なのでもっと乗っていたい気持ちです。
IMG_20170907_103932.jpg

新幹線が発車すると、左手のほうに函館山が見えてきます。
これからすぐに青函トンネルに突入するので、北海道の山河も見納めです。
5日間あっという間でありました。徒歩もいいが「列車乗りつくしの旅」もまた最高ですね。
IMG_20170907_105259.jpg

おわり
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード