大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

東北の城下町を歩く:鶴岡

ほぼ1ケ月ぶりの更新となりました。
横浜は梅雨真っ最中ですが、北の方はまだ爽やかではと思い東北地方の城下町をめぐってきました。
上越新幹線で新潟を経由して、最初に降り立ったのは山形県の鶴岡です。
「城めぐり」を始める前に訪れたことはありますが、じっくり歩くのは初めてです。
IMG_20170625_142445.jpg

かつての徳川四天王・酒井氏の居城「鶴ヶ岡城」の本丸は荘内神社となっていました。
IMG_20170625_153322.jpg

その隣には当地の出身である「藤沢周平記念館」があります。ああここ前回訪れましたね。
IMG_20170625_153644.jpg

明治維新の賊軍でしたので、城は破却されこのような石碑が残るのみです。
IMG_20170625_153912.jpg

内堀にはあやめが敷き詰められ、美しい景色となっています。
IMG_20170625_155743.jpg

堀の内側は石垣ではなく土塁であり、東北のお城の主流の形となっています。
石垣はとてもお金がかかるので、東北らしい質素さの表れですね。
IMG_20170625_160042.jpg

こちらも整備された内堀です。
IMG_20170625_160506.jpg

外堀の内側に散歩コースがあったので、歩いてみました。
桜の季節はさぞかし美しいことでしょう。
IMG_20170625_160755.jpg

グルッと1周してくると、本丸の南側には「大寶館」という郷土出身の偉人たちを称える資料館がありました。
大正天皇の即位を記念して大正4年(1915)に建てられたという洋風建築が見事です。
入場は無料でありました。太っ腹!
IMG_20170625_161242.jpg

駅前のホテルを予約していたので、駅に戻る道すがら西郷さんの「敬天愛人」の文字を見つけました。
明治維新の際に官軍に攻め込まれた鶴岡は、西郷さんの温情で会津のようにならなかったことで、
今でも西郷さんを慕う方がいらっしゃるのでしょう。
ちなみに左手に見えるのが市庁舎であります。
IMG_20170625_161802.jpg
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード