大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

悪役列伝1:井伊直弼

今日からは新しいシリーズで、強烈なインパクトをもった悪役の思い出などを。
最初は大河の記念すべき第1作「花の生涯」から井伊直弼を取り上げます。

いつものように歴代の演技者を
①63年「花の生涯」~尾上松緑
②90年「翔ぶが如く」~神山繁
③98年「徳川慶喜」~杉良太郎
④08年「篤姫」~中村梅雀

皆さん、貫禄がありますね。
肖像画などを見ると、やはり尾上松緑さんが一番似ているかな。
でも当時は子供だったので、あまりよく覚えていません。
なんとなく貫禄があって、怖そうで、一人で幕府を背負っていた
という印象がありました。

尊皇攘夷派の志士たちから「赤鬼」と恐れられたイメージからすると
「徳川慶喜」の杉良太郎さんなんかピッタリでしたね。
メイクも肖像画のように顔に陰影をつけて迫力満点。
見るからに押しが強くイヤな野郎という雰囲気で、演じる杉さん気持ちよかったかも。

最近では「篤姫」の中村梅雀さんは結構がんばって頑固な中年オヤジという
嫌味を出していたのですが、「桜田門外」の直前で篤姫と心を通じたりして
結局いい人になってから殺されちゃったのです。
やっぱり、井伊直弼は最後まで悪役じゃないと討幕派の立つ瀬がありません。

最近の大河はダーティヒーローを「最後はあいつもいいヤツだった。」風に
丸くまとめる方向があるので、厳しくチェックして行かんといけませんね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード