2017
03.30

日田の古城めぐり

Category: 城めぐり
少し間が空きましたが、大阪から所用で山口、さらに北九州の小倉まで旅行しました。
そこで小倉からローカル線の日田英彦山線に乗り、かつては九州の中心部とも言える日田を訪れました。
泊まったホテルから小倉駅に向かう途中に小倉城を目にします。
IMG_20170224_102609.jpg

日田彦山線のホームへ着くと、向こう側の下関行きホームにもキハ40系の気動車(ディーゼル)が停まっています。
旧国鉄時代の客車ですね。
IMG_20170224_111510.jpg

空いているので、こういう風にマイポジションをキープします。
IMG_20170224_111701.jpg

日田まで2時間以上かかります。
IMG_20170224_111817.jpg

発車まで少し時間がありますが、車内はこのようにガラガラです。
IMG_20170224_111849.jpg

ローカル線に乗る至福の時が過ぎ、日田駅に到着しました。
しかし、よう揺れましたね。
意外とモダンな駅舎になっており、「I」には人が立って記念撮影するのかしら。
IMG_20170224_133650.jpg

江戸時代の日田は天領(幕府の直轄地)となり、大分、小倉、福岡、熊本からいづれも等距離で、九州の中心地であったようだ。
IMG_20170224_135227.jpg

幕末にここで広瀬淡窓という人が、咸宜園(かんぎえん)という全寮制の私塾を開いて、全国から弟子が集まってきました。
IMG_20170224_135358.jpg

咸宜園では、入学金を納入し名簿に必要事項を記入すれば、身分を問わず誰でもいつでも入塾でき、身分・出身・年齢などのバックグラウンドにとらわれず、全ての塾生が平等に学ぶことができるようにされました。
IMG_20170224_135529.jpg

塾出身者には、高野長英や大村益次郎などがいたそうです。
IMG_20170224_135903.jpg

豆田という江戸の町並みが残るところを歩いてみました。
IMG_20170224_142648.jpg

そこを通り過ぎ、橋を渡ると旧幕府の代官所があった場所へ。
IMG_20170224_143314.jpg

堀と石垣に囲まれ、見るからにお城ですね。
永山城といったそうですが、今では日田林工という高校の体育館も建っています。
そういえば、ここ出身で期待され阪神に入団した源五郎丸というピッチャーがいましたが、
サッパリ活躍しなかったのを覚えています。
IMG_20170224_143500.jpg

堀の内側はこんな風に館があった場所が公園になっており、背後の山に本丸があるのでしょうが、
入場は禁止されていました。
IMG_20170224_144222.jpg

さらにそこから東側に歩いて500mくらいのところには城町という地名が残っていて、
中世の山城があった場所のようです。
IMG_20170224_150133.jpg

現在はお寺になっていて、階段を登るとかつての日田城があったところです。
IMG_20170224_150221.jpg

鐘突台からは遠くが見渡せて、いかにも中世の山城風であります。
IMG_20170224_150511.jpg

麓に町が広がり、ここを治めるのに丁度よい高台でもありますね。
IMG_20170224_151517.jpg

さて豆田の町並みに戻り、散策を続けましょう。
酒蔵の表には大きな杉玉がありました。
商売繁盛の縁起物のようですが、古い町を歩くと必ずありますね。
IMG_20170224_153303.jpg

今宵の宿は、ここから2kmくらいの三隈川沿いの日田温泉に取ってあるので、歩いて向かうことにしましょう。
IMG_20170224_155452.jpg
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/478-220a7541
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top