大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

浜松城~あべのハルカス~茶臼山~大坂城

浜松を午前中に出発し、途中乗り継ぎのために新大阪で下車しました。
早朝、浜松のホテルをチェックアウトして、近くの浜松城を少しだけ散策しました。
IMG_20170221_083530.jpg

訪問は3回目ですが、この角度からは初めてですね。
IMG_20170221_083715.jpg

毎度ながら、野面積みの石垣は立派なもんです。
IMG_20170221_084024.jpg

浜松からは新幹線で新大阪に向かい、ここで乗り換えるのですが観光の時間を3時間ほど取りました。
最初は大坂城に寄るつもりでしたが、地下鉄御堂筋線でそのまま天王寺に出て「あべのハルカス」を見学することにしました。
IMG_20170221_114521.jpg

横浜のランドマークタワーを抜いて日本一の高層ビルであります。
途中の15階から高速のエレベーターに乗り換えて、一気に60階を目指します。
ちなみに入場料は1500円とややお高め。
IMG_20170221_115029.jpg

あっという間に60階です。
IMG_20170221_115115.jpg

全面ガラス張りで、エレベーターの横からは生駒山?などの奈良方面が広がっています。
IMG_20170221_115209.jpg

こちらは海側の関空方面ですね。
IMG_20170221_120231.jpg

大阪湾を越えて神戸の方まで見渡せます。
IMG_20170221_120321.jpg

足元もこのようにガラス張りとなっていて、すくむ思いです。
IMG_20170221_120334.jpg

天王寺の駅の向こう側は通天閣があり、その右手には茶臼山が広がっています。
茶臼山は大坂冬の陣では徳川家康が本陣を置き、夏の陣ではあの真田幸村が城とした由緒ある場所であります。
IMG_20170221_120401.jpg

ということで、「あべのハルカス」を下りてから通天閣を目指しました。
平日なのに大層な人出ですが、半分は外国人かな?
IMG_20170221_124007.jpg

「ビリケン」「串かつ」「てっちり」に通天閣。なんとも大阪らしい「ごった煮」の賑わいです。
IMG_20170221_124442.jpg

今でも大阪のシンボルなのでしょうね。
IMG_20170221_124648.jpg

茶臼山の堀からハルカスの威容が望まれます。
IMG_20170221_130343.jpg

こちらは茶臼山と通天閣。ここもかつてはお城だったことが偲ばれるところです。
IMG_20170221_131634.jpg

茶臼山の山頂です。大坂の陣では家康や幸村がここで作戦を練ったのでありましょう。
IMG_20170221_131211.jpg

新幹線の乗車時間までにあと1時間ちょっとあります。駆け足で大坂城にも寄ってみましょう。
最短で行けるのは地下鉄谷町線に乗り谷町四丁目で降り、大坂城本丸を目指します。
ここも外国人観光客ばかりですね。天守が見えてきました。
IMG_20170221_135503.jpg

なんとか天守閣をゲット!急いで新大阪駅に向かいます。
スマホを駆使して最短で行けるのは?梅田で地下鉄谷町線から御堂筋線に乗り換えるルートだそうです。
IMG_20170221_140132.jpg

発車10分前にホームにたどりつきました。スマホがなければ、こんな芸当はできなかったでしょうね。
新大阪で乗り換えたのは観光もありましたが、大きな理由は新大阪発の「さくら」に乗りたかったからです。
JR東海ののぞみ・ひかりは1列5席ですが、JR西日本のみずほ・さくらは同料金で4席と座席がワイドなのであります。
横浜から新大阪より西に向かう時はいつも新大阪で乗り換えることにしています。
鉄道ツウのノウハウですので、ぜひご利用ください。
IMG_20170221_144814.jpg
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード