大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二俣城と鳥羽山城

次はディーゼル列車で30分くらいの二俣本町という駅で下車して、2つの山城を攻めてみましょう。
小高いあの山の上が二俣城であります。
IMG_20170220_144233.jpg

中腹まで登ると見える右手の山の上に、この二俣城を攻略するために家康が築いた鳥羽山城があるそうです。
後でそこにも行ってみましょう。山と山の間を抜けると天竜川が流れています。
IMG_20170220_144712.jpg

武田信玄と徳川家康が覇権を争った交通の要衝にある山城です。
IMG_20170220_144734.jpg

中世の城かと思っていましたが、石垣を用いた近世の城になっていました。
家康が武田勢を駆逐した後は、浜松城を守るための出城として重要視したのでありましょう。
IMG_20170220_144941.jpg

立派な天守台も残っています。
この城で家康の嫡男・信康は織田信長から武田への内通を疑われ、切腹に追い込まれています。
IMG_20170220_145006.jpg

野面(のずら)積みの石垣ですが、かなりしっかりしているので家康の後に浜松を拝領した堀尾氏の時代のものでしょうか。
IMG_20170220_145146.jpg

雨が本降りになってきましたが、先ほどの鳥羽山城にも行ってみましょう。
Uの字形に回り込む道があり、ここを進むと鳥羽山城に行けるようです。
この辺りが二俣という地名の語源ではないでしょうか。
IMG_20170220_152050.jpg

15分ほど山道を登ると、大手道と書かれた整備された道が現れました。
IMG_20170220_153410.jpg

石垣も用いられた近世の城の雰囲気です。
IMG_20170220_153539.jpg

何ら遺構は残っていませんが、公園となっているこの辺りが本丸のようです。
IMG_20170220_153618.jpg

土塁の上に登って本丸全景を眺めますが、かなり広い城郭だったことが窺われます。
IMG_20170220_153957.jpg

山の下には天竜川が流れていて、金指から乗ってきた天竜浜名湖鉄道や道路の橋脚が見えます。
IMG_20170220_154312.jpg

今宵の宿である浜松に戻ろうと思いますが、天竜浜名湖鉄道は1時間に1本くらいしかないので、
浜松に直接向かう遠州鉄道の駅まで天竜川を渡って歩いて行こうと思います。
雨も小ぶりになってきたのはラッキーでした。
IMG_20170220_160911.jpg

天竜川もこの辺りだと川幅も大したことはありませんね。
IMG_20170220_161205.jpg

30分ほど歩いて遠州鉄道の終点である西鹿島駅に到着しました。
始発なのでやっとこさ座れます。ここから30分ほど乗車すれば浜松に行けます。
IMG_20170220_163118.jpg
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。