2016
12.04

上州・沼田城

Category: 城めぐり
翌日は新潟から越後湯沢まで新幹線で行き、その後上越線に乗り換えて群馬県の沼田へと向かいました。
そう、「真田丸」ゆかりの沼田城へ行ってみましょう。
先ずは新潟駅に向かいます。
IMG_20161126_072804.jpg

今は上越新幹線にしかない2階建て車両に乗り込みます。
通勤客を詰め込むために2階席は左右とも3人がけでありましたが、窓側をゲットできました。
IMG_20161126_091111.jpg

米どころの新潟平野を疾走して行きます。
IMG_20161126_075657.jpg

先の高崎まで行き、上越線で戻って10時過ぎに沼田駅に到着です。
IMG_20161126_101924.jpg

河岸段丘の台地の上に沼田城はありますので、ダラダラとした上り坂を登って行きます。
IMG_20161126_102637.jpg

登りつめると、一直線に沼田城の大手道が続いています。
IMG_20161126_103512.jpg

正面に今回の大河に合わせたのでしょう新しい冠木門が迎えてくれます。
IMG_20161126_103829.jpg

入場して正面がもう本丸跡でありました。
IMG_20161126_104602.jpg

その左手には城主であった真田信之と正室の小松姫の像がありました。
現在の「真田丸」では大泉洋と吉田羊が演じていますが、これはかつての「真田太平記」の時の渡瀬恒彦と紺野美紗子がベースとなっていますね。
理由は「真田丸」なら小松姫ではなく稲のはずですから。
IMG_20161126_105014.jpg

雪景色の向こうに鐘楼が見えます。
IMG_20161126_105313.jpg

上にある鐘は江戸初期にあった本物だそうです。
IMG_20161126_105452.jpg

奥に一部石垣が残されています。
IMG_20161126_105645.jpg

この辺の石垣はいい感じで撮影スポットですね。
IMG_20161126_105752.jpg

真田氏に滅ぼされた沼田氏の首を置いた「平八郎石」だそうです。
IMG_20161126_110232.jpg

川沿いに平地が広がった豊かな領地で、真田が執着した理由は頷けますね。
IMG_20161126_110354.jpg

昨日降った雪がところどころに残っています。この辺には屋敷があったのでしょう。
IMG_20161126_110504.jpg

城の外には由緒ありげな洋館も残されています。
幹線から外れた町なので古い情緒があちこちに残っています。
IMG_20161126_111010.jpg

レストルームにはお土産品や大河の出演者の写真が飾られていました。
真田昌幸役の草刈さんが写っているのは先ほどの石垣のところですね。
IMG_20161126_111722.jpg

それでは次の目的地へ進むために台地を降りて行きます。
IMG_20161126_112837.jpg

駅前の喫茶店で慌しくスパゲッティを食し、再び上越線でとりあえず高崎行きに乗りましょう。
IMG_20161126_121208.jpg
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/464-bd6d6cf1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top