2016
11.30

越後・高田城

Category: 城めぐり
久々の「城めぐり」です。今回は上越を歩き新潟で1泊します。
最初は北陸新幹線に乗り、上越妙高駅に降り立ちました。
在来線と交差する新幹線の新しい駅です。武将の騎馬像がありますね。
IMG_20161125_105506.jpg

やはり上杉謙信公でした。ここから2駅ほど先の春日山に居城がありました。
IMG_20161125_105407.jpg

今回は春日山の手前にある高田城を目指して歩きます。
無人の野に新幹線の高架だけが伸びて行くのが不思議な光景です。
IMG_20161125_110627.jpg

20分ほど歩くと町に入ってきました。
さすが豪雪地帯ですね。歩きやすいように歩道の上には家の軒がせり出してあります。
IMG_20161125_111513.jpg

30分ほど歩いて高田城の外堀が見えてきました。
徳川家康の六男・松平忠輝のために天下普請で建てたお城です。
縄張りには義父である伊達政宗も参加したといいます。(政宗の娘・五六八姫が忠輝の正室)
大河「独眼流政宗」では五六八(いろは)姫が沢口靖子で忠輝は真田広之でしたね。
その4年後の「太平記」では主役の足利尊氏に真田広之で正室に沢口靖子は、この共演がモチーフだと思います。
IMG_20161125_113636.jpg

更に進んで内堀が見えてきました。
なつかしい2012年の夏以来の再訪です。
IMG_20161125_114324.jpg

内堀には木造の極楽橋が架けられています。
IMG_20161125_114331.jpg

それでは渡りましょう。
IMG_20161125_114420.jpg

ほどんどの場所が学校や野球場や自衛隊の敷地となっていますが、本丸に僅かながら土塁の跡が見られます。
この城は近くによい石がなかったのでしょうか、石垣ではなく土塁で造られたようです。
IMG_20161125_114619.jpg

一応、本丸跡へは植林が為されていますが、譜代大名が城主だったので明治以降は破却が為されたのでしょうね。
IMG_20161125_114657.jpg

この壮大な絵図を見ると、高田城が加賀前田氏をけん制するための重要な城郭だったことがうかがえます。
IMG_20161125_114812.jpg

平成5年に復元された三重櫓です。中は資料館となっています。
IMG_20161125_114942.jpg

電車の時間が迫ってきたので、高田駅へと向かいましょう。
内堀も外堀も殖産策として蓮根栽培が行われたとのことです。
IMG_20161125_120044.jpg

小川も流れ、なかなか風情のある土地柄ですね。
IMG_20161125_121911.jpg

街中に入って行くと、古道具屋の正面に鉄人28号がいました。
IMG_20161125_123425.jpg

こちらが高田駅のモダンな駅舎です。
北陸新幹線の金沢延長にともない、北陸本線は「えちごトキめき鉄道」という第3セクターになりました。
新しい新幹線が出来た後のこういうやり方って経営的に大丈夫でしょうかね。旅人としては少し不安になります。
IMG_20161125_123700.jpg

特急しらゆき5号が入線してきました。
IMG_20161125_131204.jpg

これから新潟まで2時間の車窓の旅となります。
IMG_20161125_131550.jpg

柏崎までは海岸線を通り、日本海の荒波が見えました。
IMG_20161125_134512.jpg

新潟に着き、駅前のホテルに荷物を預けてから万代橋を渡って街中を散策しました。
IMG_20161125_162613.jpg
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/463-26fc2d07
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top