FC2ブログ

大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

横浜散歩2

自宅から30分ほど歩いたところには、こんな風景も残っていました。
水苔がこびりついた水車。
IMG_20161025_104737.jpg

そして隣では稲刈りのシーズンが始まっていました。
昔からの農家で、自分たちの食い扶持を作っているのでしょうか。
IMG_20161025_104909.jpg

少し小高いところの洞穴には祠があり、古代からこの地には人が住んでいたのでしょうね。
IMG_20161025_110916.jpg

公園となっている丘には、うっそうとした竹林もありました。
IMG_20161027_105532.jpg

小川沿いの古道には「馬頭観音」の石碑があり、「横浜みち」の名残があります。
IMG_20161027_110449.jpg

別の日には横浜の高地を攻めてみました。
はるか彼方にはランドマークタワーの姿も望むことができます。
IMG_20161028_113513.jpg

栄区・庄戸の住宅地の外れまで来ると、鎌倉へ続く山道の入り口が見えてきました。
IMG_20161031_114124.jpg

階段を登りきったところで老夫婦が座って食事をしていました。
「お兄さん元気だねー。この階段を登って来ても息ひとつ切れていないね。」と褒められました。
そして最後の坂を駆け上がると、横浜の最高峰「大丸(おおまる)山」の頂上にたどりつきます。
IMG_20161031_115427.jpg

金沢八景方面の海が眼下に広がっています。
IMG_20161031_115531.jpg

周りは平たくなっていて、鎌倉へハイキングする人達のおあつらえ向きの昼食場所になっています。
IMG_20161031_120333.jpg
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード