2016
09.22

「日本百名城」達成の旅:湖と湿原

Category: 城めぐり
今回は「城めぐり」だけではなく、北海道の自然を満喫する旅にしました。
3日目は布施明の唄で有名な摩周湖を手始めに道東の湖をめぐってみました。
釧路から2時間、摩周湖が見えてきました。今日は霧が出ておらずくっきりと見えます。
IMG_20160914_105724.jpg

いかにも神秘的な雰囲気があります。
IMG_20160914_105842.jpg

火山のカルデラに水が溜まったという形がよーく分かります。
中央の小島はかつての山頂ですね。
IMG_20160914_110611.jpg

次は隣の屈斜路湖に向かう途中で偶然見つけた硫黄山に寄ってみました。
IMG_20160914_115608.jpg

水蒸気が立ち上っていて、これから先は立ち入り禁止です。
IMG_20160914_115854.jpg

こんな感じで黄色くなって、熱い霧が吹き出ています。ここら辺りは全部温泉でしょうね。
IMG_20160914_115942.jpg

屈斜路湖に出てきました。この辺は「砂湯」といって、鹿児島の指宿と同じ様に砂蒸し風呂が出来るようです。
偶然立ち寄ったここの売店の人に「横浜にもよく売りに行く。」という話から、木彫りのふくろうを購入してしまいました。
IMG_20160914_122821.jpg

屈斜路湖を横切って、湖の上にある美幌峠にやってきました。
先ほど下からみた湖と真ん中の島が、上からは地図を見るように広がっています。
IMG_20160914_134525.jpg

更に上にある展望台へ行ってみましょう。
IMG_20160914_134942.jpg

おおー!絶景ですね。
IMG_20160914_135046.jpg

この日は美幌町まで足を延ばし、夕刻に阿寒湖の温泉に戻ってきました。
近くにアイヌコタンというアイヌの人の部落がありました。
IMG_20160914_192353.jpg

ふくろうはアイヌの守り神なのですね。
近くの土産物店のハンサムなお兄さんと話していて、濃い顔だったので「アイヌの方?」と聞いたら「沖縄」とのこと。
双方似ているのかも。ここではコロボックル(小人)の木彫り人形を購入。
IMG_20160914_192638.jpg

こちらは今年の3月に上空を飛行機で通った時に撮影したものですが、
今回はこの阿寒湖に地上からアプローチするのが1つの目的でした。
手前の山が雄阿寒岳で左手奥が雌阿寒岳です。その間の湖畔が宿泊した阿寒湖温泉であります。
IMG_20160307_131721.jpg

そして、こちらが翌朝泊まったホテルの庭から上の写真を下からみた景色です。
IMG_20160915_082324.jpg

さて、最終日は釧路湿原を歩いてみましょう。
IMG_20160915_101632.jpg

旅行の4日間とも快晴で運がよかった。
IMG_20160915_102348.jpg

広々と湿原が続いてます。
IMG_20160915_102628.jpg

中を歩くと潅木と熊笹に覆われ、見晴らしはよくないですね。
IMG_20160915_103314.jpg

このような吊橋もあり、約2.5kmの遊歩道は歩き易いように整備されています。
IMG_20160915_104410.jpg

午後の飛行機に間に合うよう釧路空港に戻ってきました。
レンタカーを返却するためにガソリンを満タンにしなくてはいけないのですが、
何と北海道はカゾリンスタンドが道路沿いにほとんどないのです。あるのは街中だけ。
今回600kmくらい走破しましたが、見つけることができませんでした。
ガス欠になりそうな状態でレンタカー会社に何とかたどりつき、給油してもらいました。
燃費のいい車(ホンダFIT)でよかった。
IMG_20160915_113628.jpg

道東の旅おわり。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/460-eb776da5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top