大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

梅雨明けの大分へ

久しぶりの所用で、今回は梅雨明け直後の大分へ行ってみました。
ギラギラした太陽が照りつける中、1時間ほど時間があったので大分(府内)城を訪れてみました。
IMG_20160719_112408.jpg

4年ぶり2度目の登城です。お堀沿いに南西の隅櫓が見えてきました。
IMG_20160719_114236.jpg

上の写真の左手にある大手門から入場すると、すぐにここの特徴である「御廊下橋」あります。
IMG_20160719_114624.jpg

これと似たような橋を高松城や福井城そして和歌山城でも見かけましたね。
IMG_20160719_114840.jpg

お堀沿いにグルッと周ると、今度は北西の隅櫓がありました。
IMG_20160719_114928.jpg

中央に天守台の石垣が見えています。後で登ってみましょう。
IMG_20160719_115301.jpg

南東の隅櫓を周って再び本丸内に入場します。
このお城は隅櫓が多く復元してあります。5、6個ありましたかね。
IMG_20160719_115627.jpg

横に2段構造になっている天守台の石垣が見えます。こちらは小さめの天守台の石垣。
IMG_20160719_115957.jpg

上に登ると先ほど通って来た「御廊下橋」が望めます。
IMG_20160719_120615.jpg

こちらは右手にある大きめの天守台の上です。
かなり広いので天守を再建されてはいかがでしょうか?
IMG_20160719_120631.jpg

そしてこれが大きい方の天守台の石垣です。かなりしっかりした石組みです。
IMG_20160719_120839.jpg

さて、午後の仕事を終え再び大分駅に戻って来ました。
真新しい「大友宗麟公」の銅像がありました。
駅の再開発の際に造られたものでしょう。ちなみに府内城は宗麟公とは関係ありません。
IMG_20160719_143902.jpg

これから次の目的地である佐賀へ向かいます。
通常は小倉・博多経由のルートが本数も多く一般的ですが、都合よく九大線を通る「ゆふいんの森4号」という観光特急がありました。
座席の位置が高いハイデッカー車であります。
IMG_20160719_145333.jpg

車内は混んでなく、佐賀の鳥栖までの2時間半がとってもくつろげました。
IMG_20160719_145414.jpg

途中であの高級列車「ななつ星」ともすれ違いました。
IMG_20160719_154812.jpg

女性CAとの会話やビュッフェもあり、見晴らしのいい車両に乗れてラッキーな時間を過ごせましたね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード