2016
03.21

雨の柳川

Category: 街道をゆく
今度は南に飛び、時間を見つけて福岡県の柳川を歩いてみました。
西鉄柳川駅へ昼過ぎに到着です。
IMG_20160318_132538.jpg

お腹も空いてきたので、柳川といえばウナギのせいろ蒸し。
そういったお店を探したのですが、ピンとくる店がないのと3、4千円とチト高い。
すると駅前のビルに「ステーキハウス牛亭」ランチ650円と、入ってみましょう。
年配のご夫婦がやっていて、感じよさそう。
ランチではなく本格的なステーキを1500円でおいしくいただきました。
柳川の話や私の城めぐりの話で盛り上がり、1時間以上お邪魔しました。
IMG_20160318_143825.jpg

さて、遅くなりましたが柳川を散策開始すると、やはり掘割で「柳川くだり」が見えてきました。
IMG_20160318_144559.jpg

しばし行くと、城内の堀への水を調整する小さな水門があります。
IMG_20160318_145005.jpg

そこを船頭さんの手馴れた扱いで、船がくぐって行きました。
IMG_20160318_145147.jpg

かつての柳河城の二の丸に建つテニスで有名な柳川高校です。
あの松岡修三さんもここに通っていました。
IMG_20160318_152217.jpg

柳川高校と柳城中学校の間の掘割を抜けて行きます。
IMG_20160318_152629.jpg

すると右手に土塁とその向こうに天守閣の形をした構造物が見えてきました。
IMG_20160318_152826.jpg

なんとそれは、これから再建されようとする天守閣の外形でありました。
ひょっとして本気で再建に取り組んでいらっしゃるのでしょうか?
IMG_20160318_153150.jpg

隣には柳川高校のテニスコートが広がっています。
IMG_20160318_153239.jpg

一応、本丸へは大手門風の石垣が施されてあります。
IMG_20160318_153616.jpg

ここに模擬天守がそびえると、柳川のシンボルとして壮観と言えるのではないでしょうか。
IMG_20160318_153751.jpg

それから立花氏の邸宅であった「御花」へ一旦入場したのですが、
夕暮れも近くなったので、閉館時間の迫っている「北原白秋生家」を先回りしました。
IMG_20160318_155954.jpg

酒造業の大店だった白秋の生家は風格があります。
IMG_20160318_160204.jpg

奥の記念館にも行きましたが、2009年の大河ドラマ「天地人」のポスターが貼ってありました。なつかしい。
妻夫木クンはここ出身だったのですね。
IMG_20160318_162032.jpg

そして再び「御花」へ戻ってきました。
柳川藩主の立花家が維新後に邸宅を料亭に変えたのであります。
洋館と和風建築の合体のようです。
IMG_20160318_154454.jpg

立花家の史料館では見事に保存され鎧兜が展示されてあります。
IMG_20160318_163355.jpg

いかにも大名家らしい豪華な雛人形もありました。
IMG_20160318_164430.jpg

和室の廊下には、それは多くの黄金の兜が並んでいます。
立花家は10万石余りでしたが、案外豊かだったのですね。
IMG_20160318_164600.jpg

こちらは大広間に面する「松濤園」という庭園であります。
IMG_20160318_165026.jpg

柳川で行きたかったところは満たしたので、帰ろうとしたら西鉄柳川駅へのバスが丁度いいのがありません。
それではタクシーでと時間を見ると、30分おきの特急電車にあと10分ほどです。
約3kmくらいですが、運転手さんが「無理ですよ、駅の階段も登らないといけないから。」
と言うのを「やってみないと分からないよ!階段は1分で駆け上がるから、とにかく急いで!」とハッパをかけます。
その甲斐もあって2分前に駅に到着。
運転手さんに「人間あきらめてはいかんよね!ありがとう。」と柳川を後にしました。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/443-329ce3ed
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top