2016
02.26

冬の山陰:豊岡

Category: 街道をゆく
山陰の旅、最終日は豊岡を散策し、山陰本線を京都まで行き新幹線で横浜に戻って来ました。
冬の山陰をもっと味わいたかったのですが、案外と暖かく寒さ対策が空振りに終わりました。
豊岡のホテルで朝食を済ませ、チェックアウト前に町を散策することにしました。
霧が出ていますね。ここは地図で見つけた珍しいランドアバウト(ロータリー)の交差点です。
IMG_20160211_080301.jpg

昨夜夕食を求めてブラブラしたのはこの辺りでした。「1912」と名づけられた古い戦前のビルがありました。
この先の横丁で「お食事処」という暖簾を見て、小ざっぱりしたお店に入りました。
カウンターで地元の人達がワイワイと飲んで話していましたが、私は「お酒は飲まずに食事だけでいいですか?」と。
カウンターの隅で「鯖の塩焼き、ほうれんそうのお浸し、切干大根、味噌汁」を静かにいただいて800円なり。
IMG_20160211_081012.jpg

もう少し奥の方まで歩いて、「神武山公園」という小高いところまで来ました。
IMG_20160211_081938.jpg

明らかにかつての山城ですね。豊岡城という名前だったそうです。
浅井長政の家臣で後に秀吉に従った宮部継潤という大名が築城した戦国期の城です。
IMG_20160211_082129.jpg

自然を生かした盛り土がしてあり、上は平らになっているようです。
IMG_20160211_082719.jpg

二の丸でしょうか、更に上への段差があります。
IMG_20160211_082941.jpg

「笠の丸」という名称です。右手に階段があります、上に行ってみましょう。
IMG_20160211_083027.jpg

ここが本丸ですね。
IMG_20160211_083238.jpg

左手に天守台の跡があります。この霧を見て思い出しました。
天空の城として名高い「竹田城」もこの近くです。この地域は霧が出易い地形風土なのですね。
IMG_20160211_083630.jpg

先ほどからトランペットの音色が聞こえていたのですが、この方だったのです。
豊岡に単身赴任してきてるとのことでした。
IMG_20160211_085628.jpg

先ほどの方に登って来た方向と反対側に降りると武家屋敷があると聞いてやってきました。
唯一残っているお屋敷ですが、門構えからしてかなりの格式、家老レベルの家ですね。
IMG_20160211_090217.jpg

その横に豊岡市の図書館があり、かつての城門が残されてありました。
IMG_20160211_090304.jpg

ホテルに戻り、荷物をまとめ豊岡駅から帰宅の途に着きます。
IMG_20160211_103148.jpg

10:49発「特急きのさき12号」にて京都まで2時間ちょっとの旅であります。
京都からは新幹線で自宅に向かいます。
IMG_20160211_104735.jpg

今回座席はグリーン車の入り口前が一人席だったので、あえてここを確保してみました。
新幹線では味わえない、ノンビリとした一人旅を満喫できる最高のシートでありました。
IMG_20160211_105002.jpg

冬の山陰の旅おわり。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/441-7dd855ee
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top