FC2ブログ
今日からは大河における敵役シリーズ。
先ず第1回は、やっぱり吉良上野介(こうずけのすけ)を取り上げます。

ちょっとここで薀蓄(うんちく)などを一発。
武士の官名で筑前守(ちくぜんのかみ)とか越前守(えちぜんのかみ)とか
上総介(かずさのすけ)とかありますよね。
通常、「介(すけ)」より「守(かみ)」の方がエライのですが、
上野介と上総介と常陸介の3つだけは守(かみ)と同格なんです。

遡ること大宝律令あたりからのきまりで、この3つの国だけは
親王(天皇の子)だけが守(かみ)になれるというルールらしい。
だから、この国の介(すけ)は他の国の守(かみ)と同じ権威があると。

吉良上野介の名前から横道にそれましたが、歴代大河で演じた人は、
①64年「赤穂浪士」~滝沢修
②75年「元禄太平記」~小沢栄太郎
③82年「峠の群像」~伊丹十三
④99年「元禄繚乱」~石坂浩二
どうです。どの方が憎々しげでしたか?

「赤穂浪士」の滝沢修さんなんて、覚えている人は少ないでしょうね。
私も中学1年でしたが、松の廊下で浅野内匠守(たくみのかみ)に斬りつけられる
シーンを鮮明に記憶しています。
あと終盤の討ち入りの日など、同じ年の東京オリンピック開会式と同じくらい
ワクワクしたもんでした。

また、石坂浩二さんの上野介は新鮮でしたね。
内匠守を知的にジワジワいじめるところなんか、憎々しいという感じよりも
犯人を追い詰める老金田一耕助という印象がありました。

ついでながら、それぞれの大石内蔵助役も列記しておきます。
①「赤穂浪士」~長谷川一夫
②「元禄太平記」~江守徹
③「峠の群像」~緒方拳
④「元禄繚乱」~中村勘九郎

おや上野介の方が芸達者がそろっているような気もしますね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/44-4608c41c