2016
01.15

近畿南部の旅:新宮城・津城

Category: 城めぐり
旅の最終日は列車の都合から朝7時に勝浦を出発し、新宮駅に立ち寄り新宮城を探索します。
それから9時過ぎには特急に乗り、三重県の県都・津へと向かう駆け足旅となりました。
早朝7時半には新宮駅に到着です。
IMG_20151227_073827.jpg

駅から歩いて10分で新宮城の石垣が見えてきました。
こちらは大手側ではない裏道のようですが、階段があるようです。登ってみましょう。
IMG_20151227_075018.jpg

1年前に訪れた沖縄の城郭と雰囲気が似ています。
IMG_20151227_075407.jpg

裏側から進入してきたので、すぐに本丸へ突入しました。
江戸期に造られたのでしょう。石が成型された切込みハギになっています。
IMG_20151227_075905.jpg

本丸の隅には井戸も残されてあります。
IMG_20151227_075951.jpg

熊野川の河口に面していて、下の船着場からは山林から切り出した木や炭を輸送していたようです。
IMG_20151227_080032.jpg

落ち着いた感じの本丸です。
紀州に入封した浅野家が途中まで築城しましたが、その後紀州徳川家が城を完成させました。
一国一城令の例外として明治維新まで存続し、家臣の水野家が統治していました。
IMG_20151227_080311.jpg

あまり期待はしていませんでしたが、なかなかの城郭です。
早起きして寄ってよかったです。
IMG_20151227_080937.jpg

後で下の「水の手口」まで行ってみましょう。
IMG_20151227_081222.jpg

登城順番が逆になりますが、本丸から鐘の丸~松の丸へ移動してみます。
IMG_20151227_081316.jpg

こちらの鐘の丸も広々としていて、屋敷があったのでしょうね。
IMG_20151227_081401.jpg

大手口の階段ですが、こちら側は民家で遮られているようです。
IMG_20151227_081708.jpg

かつての大手門があった枡形であります。
IMG_20151227_081722.jpg

水の手口はこんな風になっています。
IMG_20151227_082248.jpg

本丸の石垣を見上げると新宮城の有り様がよく分かります。
IMG_20151227_082541.jpg

さて、新宮駅前ですでに開店している喫茶店があり、モーニングをいただくことが出来ました。
関西はどんな田舎町に行っても喫茶店があります。そういう文化なのですね。
そして、9時過ぎの特急南紀4号に乗り、一路三重県の津へと向かいました。
こう見ると「津駅」って、2文字しかないのでなんとなく物足りない感じ。
IMG_20151227_132742.jpg

ついに200城目となる津城へやって来ました。
IMG_20151227_121001.jpg

役所の敷地となり、遺構はあまり残されていませんが城門のみがポツンと保存されています。
IMG_20151227_121430.jpg

築城の名人・藤堂高虎の手によるこの城も僅かに高石垣とその下の犬走りが唯一それを感じさせてくれます。
IMG_20151227_121701.jpg

やはりありました、高虎公の銅像。
IMG_20151227_122002.jpg

反対側の入り口には、ここが城郭だったことを示す櫓が復元されてありました。
IMG_20151227_122245.jpg

津からはJR快速「みえ」で名古屋に向かい、3時間ほどかけ夕方には横浜に戻って来ました。
途中の新幹線からは富士の雄姿がくっきりと映えていました。
IMG_20151227_161821.jpg

近畿南部の旅おわり。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/438-f76734d8
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.01.18 23:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top