大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

足利尊氏か高師直か

高師直
毎度お馴染みの肖像画について。
この画像も「伝:足利尊氏」ということで歴史の教科書に載っていました。
しかし最近の研究では家紋からして尊氏ではなく、家臣の「高師直」という説が有力です。
画像をよく見ると、荒々しい騎馬武者で源氏の御曹司である尊氏にしては
いささか気品がないように感じるので、私も師直説に軍配を上げてみたい。

昨日も書きましたが高氏は代々足利家の執事職で「太平記」では飄々とした
柄本明さんが好演していました。
言うべきことは誰が相手であろうとキチンと言い、武断派であり合理主義の
かたまりのような人物として描かれていました。

尊氏(真田広之)の正室:登子(沢口靖子)のセリフに
「師直殿も不思議なお方じゃ。いつおうても初対面のような気がする。」と
なんとなく心の通い合う付き合いができない雰囲気を感じてたようです。

「太平記」の終盤で、尊氏の弟:直義(高嶋政伸)と師直の反目で
幕府内の争いが起きます。
それはついに尊氏と直義との兄弟の争いに発展します。
戦いは直義側の勝利となり、負けた尊氏は師直の出家を条件に和議を結ぶのです。

出家し坊主頭になった師直と尊氏の一行は意気消沈して京へ向かう途中、
直義側の恨みを抱く連中に斬りつけられた師直は、非業の最期を遂げてしまいます。
結局「太平記」とは鎌倉幕府を倒した功労者たちが内紛で次々と死んで行く
物語なのですね。
何でこんなんで「太平記」というタイトルなのか疑問です。

特に可愛そうなのが師直。
「仮名手本忠臣蔵」ではスケベで塩谷判官の妻女を横取りしようとする
悪党にされています。
南朝側で死んだ楠木正成や新田義貞に比べても、後世の扱われ方があんまりだと
思いませんか。
この場を借りて「高師直」の名誉回復を強く訴えておきたいものですね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード