2015
08.19

信州の旅:高遠城

Category: 城めぐり
上諏訪から次は伊那市へ移動しました。
伊那市駅から路線バスで高遠へ向かいます。
IMG_20150715_132224.jpg

バスで15分、のどかな山間の田園地帯を通り、高遠の城下町に到着です。
桜の時期は大変な混雑でしょうが、今頃は閑散としています。
こういうところで生まれ育ったなら、ややこしいことは考えずに素直に生きることでしょう。
IMG_20150715_135203.jpg

町を抜け、突き当たると高遠城のある丘が正面に見えてきます。
中央に櫓が見えていますね。
IMG_20150715_135950.jpg

徒歩なので、ショートカットできる左手の階段を登って行きます。
登るにつれ、高遠の町の全体が見渡せるようになってきます。
IMG_20150715_140631.jpg

ここら辺りにかつては大手門があり、城内へ入城ということになります。
石垣が一部残っていますね。
IMG_20150715_140719.jpg

道路の左側は二の丸と本丸を囲むように三の丸が続いています。
IMG_20150715_140933.jpg

空堀に架かる土橋を通り、右手の二の丸に進みます。
諏訪氏の一門であった高遠氏が築城したものですが、かなり大掛りな縄張りです。
武田氏の勢力下になってからは、武田信玄の軍師であった山本勘助も縄張りをしたそうです。
勘助曲輪という出丸が本丸の下にありました。
IMG_20150715_141716.jpg

土橋を渡ると左手に由緒ありげな「高遠閣」という式場風の建物がありました。
IMG_20150715_141833.jpg

きれいに整備された二の丸です。
春の連休の頃には桜並木が美しいことでしょう。
IMG_20150715_142226.jpg

二の丸とその後ろの南曲輪という出丸も空堀で区分けされています。
この南曲輪にあった屋敷で三代将軍:徳川家光の異母弟であった保科正之(初代会津藩主)が育ったとのこと。
IMG_20150715_142250.jpg

橋を渡り、二の丸から本丸へ行ってみましょう。
IMG_20150715_142658.jpg

広々とした本丸です。今では樹木が生い茂り往時の面影はありません。
IMG_20150715_142505.jpg

本丸の隅には麓から見上げた太鼓櫓がありました。
IMG_20150715_142835.jpg

江戸時代に入ってからは3万石程度の譜代大名がいくつか変わりましたが、元禄以降は内藤氏が入封して明治維新を迎えました。
南曲輪の向こう側にある高遠湖(ダム湖)の方に降りて行くと、歴史博物館がありました。入場料は400円。
IMG_20150715_143711.jpg

ここの見所は「絵島囲み屋敷」ですね。
IMG_20150715_144604.jpg

6代将軍:家宣の側室に仕えた絵島でしたが、将軍の墓参りの帰りに芝居見物をして帰城時刻に遅れたということで流罪になりました。
遅刻したくらいでと思いますが、その裏には正室と側室の権力争いでのチクリがあったようです。
こういう所で日蓮宗を信仰する質素な生活を27年も続けて、61歳で亡くなったそうです。
まあ、考えようによってはドロドロした大奥よりは気楽な毎日だったのではないでしょうか。
IMG_20150715_144906.jpg

高遠の町に戻ってきて、バス停へ向かう途中に由緒ありげなオーラを感じるお寺がありました。
IMG_20150715_152258.jpg

気になって寄ってみると、名工の石仏とともに武田信玄の側室である諏訪殿のお墓があるとのこと。
IMG_20150715_152551.jpg

武田家最後の当主:勝頼の生母で大河「武田信玄」では湖衣姫、「風林火山」では由布姫でしたかね。
本名はよく分からないのですが、その諏訪氏の姫様のお墓が中央のこれだったのです。
偶然に見つけてトクしたような気分。
IMG_20150715_152642.jpg

それから、伊那から松本に移動して松本城の近くのホテルに到着したのは夜の帳が下りてからでした。
翌日は佐久地方を攻めてから、小海線経由で中央線で甲斐の山城をめぐろうと思っていましたが・・・
台風の到来で中央線がストップしたことを知り、早朝長野経由の新幹線で急遽帰宅しました。
これは翌朝、雨の中で撮影した松本城の雄姿です。、
IMG_20150716_053600.jpg

この続きは、しのぎ易くなる9月にでもしてみましょう。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/415-ac6f152b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top