FC2ブログ

大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

名古屋の旅:小牧山城

名古屋に泊まった翌日、信長の岐阜へ移る前に居城だった「小牧山城」を攻めてみました。
宿泊先の最寄り駅である市役所から地下鉄経由で30分、「小牧・長久手の戦い」で有名な名鉄小牧駅に到着。
IMG_20150710_073516.jpg

駅前通りを歩いて途中で名古屋モーニングの喫茶店に寄りつつ、目的の小牧山が見えてきました。
岐阜城といい安土城といい、こういう立地条件が信長公の好みなんですよ。
平地から見える小高いところに城を築いて、周りを見渡すというシュチエーション・・・優越感に浸れる場所なんですね。
IMG_20150710_082753.jpg

東側の川と小牧山の間の平地に居館があったようです。
IMG_20150710_083247.jpg

いざ登城しましょう。山全体が公園になっています。
IMG_20150710_084123.jpg

いろいろなルートがあるのですが、最短の山道を登ることにしました。
IMG_20150710_084504.jpg

僅か5分で頂上に到着しました。拍子抜けですね。
天守風の歴史資料館がありますが、現在は工事中でありました。
IMG_20150710_084916.jpg

城の北側から岐阜方面を望みます。
信長は清洲からこちらに移転して、美濃攻略の足場としました。
美濃を併呑した後は岐阜城に移り、小牧山城には僅か4年の滞在でした。
IMG_20150710_085259.jpg

西側の方へ下って行くと、石垣に使われた巨石が転がっています。
IMG_20150710_090104.jpg

こちらは石垣の裏に埋め込まれた「裏込石」だそうです。
IMG_20150710_090156.jpg

中世の築城術の名残である土塁で出来た虎口(城の入り口)です。
IMG_20150710_090350.jpg

こちらは馬出(兵を待機させる場所)ですね。これも戦国前期の造りです。
IMG_20150710_090433.jpg

午前9時頃ですが、西側の方からは多くの朝の散歩の方が登ってきます。
IMG_20150710_090558.jpg

山の下に下りて来たら、周囲に土塁が築かれています。
説明を見ると信長の時代ではなく、太平洋戦争末期の本土決戦に向けての土塁だそうです。
この近くには小牧飛行場があったので、敵の来襲が予想されたのでしょう。
IMG_20150710_091853.jpg

小牧山の南側が本来の城下町で、大手には市庁舎がありました。
IMG_20150710_092937.jpg

散策を終え、小牧駅に戻って来ました。後ろを振り返ると正面に小牧山城の雄姿が見えました。
IMG_20150710_095046.jpg

名古屋の旅、更につづく・・・
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード