2015
07.11

越後の旅:長岡城

Category: 城めぐり
村上から特急と新幹線を乗り継いで、次は長岡へやって来ました。
幕末の北越戦争で有名な長岡ですが、果たして長岡城は今はどうなっているのでしょうか?
長岡駅に降り立つと、正面に大きな道路が走ってます。
意外と都会なんですね。もっと鄙びたところだと思ってました。
IMG_20150702_135505.jpg

城跡と思われるところは「アオーレ長岡」という公共の施設になっていました。
IMG_20150702_135605.jpg

その一角にひっそりと「長岡城二の丸跡」という石碑だけがありました。
明治維新で賊軍となった長岡は、城跡が完全に破却されたのですね。
IMG_20150702_135217.jpg

すると現在の長岡駅あたりが本丸で、この辺りはお堀があったのでしょうか。
IMG_20150702_135743.jpg

城跡を探すのは諦め、長岡が生んだ二人の有名人の足跡を追ってみましょう。
先ず一人目は連合艦隊司令長官:山本五十六さんであります。
IMG_20150702_141256.jpg

山本さんの生家が公園内に復元されてあります。
長岡藩家老の山本家に養子に入った方ですが、案外と質素な家の出身だったのですね。
IMG_20150702_141712.jpg

小さな部屋の中にあったこの胸像にはビックリ。
IMG_20150702_141457.jpg

やはり土地柄なのでしょうか、全体的に地味というか控えめな感じに好感が持てます。
IMG_20150702_141737.jpg

公園の向こう側にある「山本五十六記念館」にも寄ってみました。
いろんな遺品が展示してありましたが、結構筆まめな方だったんですね。
ブーゲンビル島で撃墜された搭乗機の左翼が展示されてあったのが印象に残りました。
IMG_20150702_142005.jpg

そして長岡の著名人もう一人は河井継之助ですね。
司馬遼太郎の「峠」の主人公です。
北越戦争のヒーロー、大河「花神」では高橋英樹さんが演じていたのが思い出されます。
IMG_20150702_144252.jpg

「米百俵」で有名な小林虎三郎関連のところが無かったのが残念ですが、足早に長岡を見て周り横浜に戻って来ました。
越後の旅おわり。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/409-ec0344e6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top