FC2ブログ
2015
05.01

九州の旅:八代城・人吉城

Category: 城めぐり
宇土では食事をするところが見つからず、電車で20分の八代で昼食をとることにしました。
駅前の昭和の香りがする喫茶店「鈴蘭館」で650円のハンバーグと魚フライのランチしかもコーヒー付きをいただいて、八代城へ出陣です。
駅舎のバックの煙突から煙が出て、いかにも工業地帯という雰囲気の町です。
IMG_20150322_143105.jpg

歩いて30分、立派な堀と石垣が見えてきました。
IMG_20150322_133805.jpg

かなり大掛りな縄張りが絵で示されています。
北西には4層5階の大天守と小天守があったのですね。
IMG_20150322_133923.jpg

元和の一国一城令の例外で、肥後では熊本城とここが存続を許されました。
薩摩の島津氏への抑えと天草・島原のキリシタンを配慮してのことでした。
IMG_20150322_134021.jpg

この先に大天守があったようです。なかなかの城ぶりですね。
IMG_20150322_134642.jpg

南側の大手から入り、北側に抜けグルッと内堀沿いに戻って来ます。
堀の広さや石垣の高さなど一線級のお城がまさか八代にあるとは思ってもいませんでした。
実際に来てみないと分からないものですね。
IMG_20150322_135831.jpg

駅への戻りはアーケードの商店街を抜けると、流行の「クマもん」がたなびいていました。
IMG_20150322_140729.jpg

今日は忙しい。宇土から八代を経て、夕方の16時には肥薩線の人吉駅に到着です。
IMG_20150322_160248.jpg

丁度の時刻なので、駅前の「からくり時計」が動き出しました。
かなり大きなもので、最上階から眺めているのは人吉城の殿様でしょうか。
IMG_20150322_160101.jpg

忙しいですが、夕暮れまでに人吉城を確認です。
歩いて15分くらいで橋を渡ると、お城が見えてきました。
IMG_20150322_163633.jpg

鎌倉時代に地頭だった相良氏が江戸時代も2万石で領地としていました。
僅か2万石の大名の城としては、かなりの風格があります。
統治が長かったので、領民からの上前が多かったのでしょう。

この右手の石垣には特徴があります。
幕末の五稜郭などにも採用されたヨーロッパの築城技術による「武者がえし」が確認できます。
IMG_20150322_163858.jpg

こちらは復元された門かしら。
IMG_20150322_164200.jpg

立派な大手口ですね。これで2万石とは・・・かなりの重税を課したのでは?
IMG_20150322_164356.jpg

ちゃんと枡形もあり、一流の縄張りであることが伺われます。
鎌倉以来の古い武家ですから、戦国大名とは格式が違うのかしらね。
IMG_20150322_164751.jpg

階段を登りつめると、杉木立に覆われた二の丸であります。
IMG_20150322_165004.jpg

そして、こちらが本丸跡。
天守は置かれず、護摩堂があったそうです。
IMG_20150322_165130.jpg

二の丸から三の丸を望みます。かなりの高台にあります。
IMG_20150322_165956.jpg

これは逆に三の丸から二の丸を望むところ。
IMG_20150322_170421.jpg

宿に向かう途中で、大手門を確認できました。
この手前の橋を渡り、右方向へ階段を登ると大手門があったそうです。
IMG_20150322_172016.jpg

多門櫓が復元されてあります。右手の橋があるところが上の大手門となります。
IMG_20150322_172942.jpg

人吉で1泊後、九州の旅さらに南下・・・
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/400-af054975
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top