FC2ブログ
所用で下関に出向いた際に関門海峡の周りを徒歩で「城めぐり」してみました。
新下関駅に降り立つと、構内に「うどん屋」がありました。
小腹が空いていたので、「ふく天うどん」を1杯。ふぐの天麩羅が1匹入って470円、得した気分でした。
IMG_20150124_105857.jpg

山間を抜け、1時間ほど歩いて行きます。
IMG_20150124_112039.jpg

それらしき小高い丘の中腹に看板が出ていました。
幕末の長府藩が外国からの砲撃から逃れるために藩邸をこちらに引っ越したわけですね。
IMG_20150124_115824.jpg

僅か7ヶ月で建造したものにしては、かなりの規模の屋敷です。
IMG_20150124_120052.jpg

この広大な敷地に60余りの部屋がある御殿を建てたとは、5万石の長府藩としてはかなりの出費だったことでしょう。
IMG_20150124_120244.jpg

ここまでは絶対に外国艦船からの砲撃は届かなかったでしょうね。
IMG_20150124_121303.jpg

この石垣を見るとここはお城だったと言えるでしょう。江戸時代最後の築城だったようです。
IMG_20150124_122406.jpg

さて山を下り、海側の町屋の方へ歩いて行きましょう。
IMG_20150124_131316.jpg

長府の城下町を抜けて行きます。
IMG_20150124_133826.jpg

勝山御殿に移る前の「櫛崎城」も確認しておきましょう。
現在は豊浦高校になっている二の丸あたりを通ります。
学校の塀としては風格がある造りですね。
IMG_20150124_144813.jpg

今は個人の住宅ですが、明らかにかつての城の石垣ですね。
IMG_20150124_145125.jpg

「櫛崎城址」の石碑だけが残っています。
IMG_20150124_145154.jpg

こちらの「豊功神社」がかつての本丸跡なのでしょうか。
IMG_20150124_145343.jpg

登りつめると関門海峡が広がっていました。絶景です。
IMG_20150124_145540.jpg

そこからさらに下関方面に歩き、徒歩で九州を目指します。
はるか向こうに関門橋が見えてきました。
IMG_20150124_160721.jpg

関門橋の手前の公園には幕末に四カ国艦隊と交戦した時の大砲(レプリカ)が設置してありました。
IMG_20150124_162147.jpg

車は関門橋かトンネルで九州に入るのでしょうが、私は徒歩なので関門トンネルの人道で行くことにしましょう。
IMG_20150124_163050.jpg

内部はこのような歩道が700mくらい続いてます。
IMG_20150124_163224.jpg

すぐに門司側に到達し、エレベーターを上がると今度は下関側を見渡せます。
IMG_20150124_164638.jpg

歩いているうちに夕暮れが迫り、門司港が見えてきました。
今宵は門司港駅の近くの宿を確保しました。
IMG_20150124_170315.jpg

関門の旅つづく・・・
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/395-3005d721