FC2ブログ

大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

斎場御嶽(せーふぁうたき)・知念城・玉城・玉泉洞

沖縄の最終日は、那覇から本島東の方角である南城市を歩きました。
最初は沖縄の聖地である斎場御嶽(せーふぁうたき)に向けバスセンターからこのバスに乗ります。
IMG_20141224_074334.jpg

1時間ほどバスに揺られ、最寄の停留所から山を登ると「斎場御嶽」へ到着します。
ここも世界遺産で山の麓のレストハウスで入場料200円を支払いました。
希望すればボランティアの方が説明してくれます。
IMG_20141224_091532.jpg

中腹からは東の海が見え、5km先にある久高島へ琉球王朝の祖先が舞い降りたという伝説があります。
大和朝廷における「天孫降臨」とよく似てますね。
IMG_20141224_091724.jpg

こんなジャングルの中に石畳が敷かれ、沖縄の聖地へと向かいます。
IMG_20141224_092250.jpg

儀式における祭壇があります。
IMG_20141224_092343.jpg

巨石が合わされた自然のゲートの先には、久高島を望む祈りの場所があります。
入って写真を撮りたかったのですが、お祈りする女性がいらしたので遠慮しました。
IMG_20141224_093159.jpg

レストハウスに戻ってきて、コーヒーを飲みながら御嶽のあった山を眺めます。
やはり聖地という雰囲気です。
IMG_20141224_094626.jpg

さてこのあたりにも城(グスク)がいくつか残されています。
斎場御嶽から1時間ほど歩いたところにある知念城です。
IMG_20141224_104742.jpg

アーチ門が崩れないように木枠で囲ってあります。
IMG_20141224_104830.jpg

小ぶりなグスクですが、この辺りを守る砦という感じです。
IMG_20141224_105102.jpg

山全体が守備範囲で、下る道があったのでジャングルを降りてくると農作業の方に会うことができました。
IMG_20141224_110256.jpg

今度は更に1時間南下して玉城へ向かいます。
歩道を歩いていると1台の車が止まりました。
「あんたどこに行くんね?」とおばちゃんが話しかけてきました。運転は退役軍人風のアメリカ人。
「玉城(たまグスク)へ行く途中です」
「歩いてかね。この辺は全部が玉城だよ」
「地名の玉城ではなくて、本当のお城へ行くところです」
「よか乗って行きなさい」
「はあー、ありがとうございます」
かなり時間を節約できました。沖縄の人は親切です。
IMG_20141224_114248.jpg

知念城よりやや大きめの玉城です。この辺りの中心ですかね。
IMG_20141224_121935.jpg

訪れる人はいませんが、道がわりと整備されています。
IMG_20141224_122105.jpg

かなりの絶壁を登って行きます。
IMG_20141224_122221.jpg

眼前には琉球ゴルフ倶楽部のコースが広がっています。
IMG_20141224_122413.jpg

城内はこんな感じで、儀式が中心の斎場という造りでした。
IMG_20141224_122640.jpg

アーチ門がハート型に崩れかけています。
IMG_20141224_122920.jpg

覗くと先ほどのゴルフコースが見えるのです。
IMG_20141224_123034.jpg

車で送っていただいたので時間が余り、もう1箇所多くめぐることができそうです。
斎場御嶽のレストハウスで教えてもらったコミュニティバスを呼ぶことにしましょう。
「おでかけなんじぃ」というもので、電話をかければ南城市内ならどこへも迎えに来て、希望のところで降ろしてくれるという大変便利なシステムであります。
そして利用料も僅か300円。これは利用しない手はありません。
IMG_20141224_131601.jpg

そこで次にやって来たのは「おきなわワールド」です。
IMG_20141224_131728.jpg

ここには日本最大級の鍾乳洞「玉泉洞」があるのです。
IMG_20141224_135922.jpg

山口県の秋吉洞にも匹敵する大きさで、延々とこんな感じで1kmくらい続いています。
IMG_20141224_141841.jpg

メインの鍾乳洞以外は沖縄の村が復元され、多くの土産物屋さんが並んでいました。
さてもう午後の3時くらいで那覇空港への帰り支度をしましょう。
再度「おでかけなんじぃ」を呼んで南城市内の那覇に一番近いバス停まで運んでもらいました。
IMG_20141224_144104.jpg

バスに乗っていると、3日間天気に恵まれていたのに急に暗くなり大粒の雨が降り出しました。
雨具は持っていましたが1度も取り出すことは無く、なんとツいていたことでしょう。
そのまま「ゆいレール」に乗り換え、那覇空港から帰宅の途に着きました。
お土産は初日の国際通りで購入した赤のシーサーであります。
土産物屋のおじいさんが、「この赤を出すのが難しいんだよ!」という一言で決めました。
向かって右の口を開けているのが雄で、左の閉じているのが雌だそうです。
IMG_20141228_220317.jpg
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード