FC2ブログ
2015
01.27

飫肥(おび)城

Category: 城めぐり
大分と宮崎の旅、最終日は宮崎市のホテルを早朝に出立し、日南線で飫肥(おび)という古い城下町を訪れました。
宮崎から列車で1時間、山に囲まれた小さな城下町です。特産は杉や檜の木製品だとのこと。
江戸時代は伊東氏が5万石で入封、それ以前は伊東氏と島津氏との壮烈な争いが100年も続いたところだそうです。
IMG_20141208_081759.jpg

落ち着いた武家造りの町を大手門へ向かいます。
IMG_20141208_082947.jpg

1978年に復元された大手門であります。
IMG_20141208_084754.jpg

門の前には形ばかりの空堀があります。この程度では防御的要素はあまりありませんね。
IMG_20141208_085522.jpg

すぐに本丸へと続く石段が現れます。
IMG_20141208_085628.jpg

Z型に切り替えして進みます。奥は現在、歴史資料館になっていました。
IMG_20141208_085759.jpg

ガーン、かつて御殿があったであろうところは学校の校庭になっていました。
IMG_20141208_090645.jpg

さらに奥の丸があるようです。
IMG_20141208_091629.jpg

こちらは杉木立が並び、かつては祭事を執り行う場所であったのかしら。
IMG_20141208_091830.jpg

その奥には搦め手門があるので、降りてみました。グルッと周りを1周してみましょう。
IMG_20141208_092008.jpg

あーこれがさっきの飫肥小学校の正門なのですね。かつての藩校です。
会社の隣に座っている同年齢の方が偶然ここの出身でありました。
お見せしたら、なつかしがっていました。
IMG_20141208_092450.jpg

1周して大手門の近くにくると、日露戦争後のポーツマス会議で活躍した外相・小村寿太郎の生家がありました。
お城の近くではありますが、小村家は没落して小さな家で暮らしていたとのことです。
IMG_20141208_092917.jpg

町並みはこんな感じでかつての武家屋敷を彷彿とさせます。
IMG_20141208_093118.jpg

うーんシブイ!
IMG_20141208_093920.jpg

宮崎~飫肥は2時間に1本しか列車がなく、朝7時前に出てきたのでまだ10時です。
これならもう1箇所めぐることができるかなと思い、飫肥駅に戻ってきました。
IMG_20141208_100854.jpg

ふと思いついて訪れたのが日南海岸の青島です。
50年前に父と来た覚えがあります。
IMG_20141208_111544.jpg

「鬼の洗濯岩」と呼ばれる波で侵食された岩肌です。
向こう岸に家族で泊まったことのある「シーガイア」の建物が見えます。
IMG_20141208_112636.jpg

12月でしたが、ポカポカ陽気でもう「天国」といった気分でした。
「南国はいい!」というこの時の感想が次の旅行先を決定しました。
IMG_20141208_112952.jpg

南洋植物が生い茂った島をぐるっと1周してから青島神社にお参りしました。
かつては新婚旅行のメッカと呼ばれた日南ですが、今は中国人のメッカでした。
IMG_20141208_113552.jpg

そしてそれから宮崎空港へ徒歩で向かい、午後の飛行機で横浜へ戻ってきました。
IMG_20141208_130722.jpg

大分・宮崎の旅おしまい
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/385-b908f66e
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.02.23 11:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top