FC2ブログ
歩行ルート⇒ 一関~平泉

最終日はついに目的の金色堂に到着しました。
早朝に一関のホテルを出発し、平泉へと向かいます。
2、3kmも歩くと平泉町の標識がありました。
IMG_20141104_084638.jpg

晩秋ののどかな田園風景が続きます。みちのくの冬はもうそこまで迫っている感じです。
IMG_20141104_090932.jpg

平泉に入ってからわりと裕福なお宅が見受けれます。
藤原氏の時代から豊かな土地柄だったのかもしれません。
IMG_20141104_094200.jpg

この地方の特徴なのでしょうか。「コイン精米」という形式が度々存在します。
玄米を持ち寄って精米するのかな。
IMG_20141104_094439.jpg

2時間ほど歩いて平泉駅に到着です。
IMG_20141104_100418.jpg

駅前を右手に行くと旧来の街道が続いています。伽羅御所へ続く道です。
IMG_20141104_102853.jpg

これは柳之御所の発掘現場であります。
IMG_20141104_104206.jpg

この辺りが藤原三代の栄華を誇った舘があった所です。まさに「つわものどもが夢の跡」ですね。
IMG_20141104_105400.jpg

こちらはその後にめぐった義経堂の脇にあった芭蕉句碑です。
芭蕉さんも同じ思いだったのでしょうね。
IMG_20141104_111054.jpg

義経堂(ぎけいどう)への石段を登って行きます。
IMG_20141104_111642.jpg

祠には義経さんの木像が安置されています。
IMG_20141104_111731.jpg

眼下には昨日の午前に分かれた「北上川」が再び流れていました。
IMG_20141104_111851.jpg

そして最後の目的地である中尊寺へと向かいました。
IMG_20141104_120325.jpg

ゴールの「金色堂」に着きました!
IMG_20141104_115440.jpg

3月のまだ寒い頃に東京の千住を旅立ち、春から夏そして秋と季節は変わりましたが、
芭蕉の歩いた道を忠実にたどりこの日やっとここに到達できました。
450kmを通算で19日かかりました。

平泉のガイドさんたちも祝福してくださり、「芭蕉さんよりも年上なのに全然元気ですね。」とお褒めの言葉ももらいました。
毎日30kmを黙々と歩いていたのに今日は僅か10kmですもんね。
昼食を平泉で済ませ、元気一杯のまま新幹線で一路横浜へ戻ってきました。おわり
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/376-3ea2d859