FC2ブログ
2014
10.25

北海道への旅:札幌~函館

Category: 街道をゆく
函館から札幌へ向い1泊し、それから再度函館へ戻ってくるという旅行計画です。
3時間半の列車の旅でしたが、横揺れが激しく乗り心地のよくない車両でした。
それでも満員で、2時間に1本しか特急がないのはJR北海道が赤字だからでしょうか。
長い道中でしたが、隣に座っていたオジさんが鉄道の専門家でいろいろ詳しい話を聞いて退屈しませんでした。
これが到着した札幌駅です。清潔感のある立派な駅舎です。さすが北海道の玄関口です。
141003_124312.jpg

早速、札幌みそラーメンで腹ごしらえをして、市内観光に出かけます。
本日は生憎の雨となりました。先ずは赤レンガ造りの旧道庁へ。
141003_134143.jpg

内部には赤じゅうたんが敷かれ、階段の風格などはさすが明治の建物という感じです。
141003_130239.jpg

そしてこれは、あの有名な時計台ですね。うっかりすると見逃すようなところにありました。
141003_135611.jpg

それから「大通り公園」に出て、テレビ塔に登ります。雲っていて遠くが望めません。
晴れていたら、大倉山のジャンプ台が見えたことでしょう。残念!
141003_142005.jpg

札幌の町はどこもキレイで整然としています。どうも人工的に造られたような感じで落ち着きません。
この繁華街である「狸小路」は人間味があって、いい雰囲気ですね。
141003_150202.jpg

さらに雨の中を「中島公園」まで歩いて行きました。
ここで雨が激しくなり、観光を中止してホテルに入ることにしました。
141003_153223.jpg

こちらが今宵の宿「さっぽろ芸文館」です。1泊朝食付きで5200円と札幌の宿としては格安です。
(部屋も広くてしっかりしていました。旧厚生年金会館です。)
チェックインの際、横の話が聞こえてきて、今夜隣の「ニトリ文化ホール」で五輪真弓コンサートがあるそうです。
ホテルの方に聞いたら、夕方6時から当日券を販売するとのこと。
早めに夕食を済ませ、当日券を買いに行ったらいい席をゲットでき、旅先で充実した夜を過ごすことができました。
141004_075849.jpg

翌朝、雨は上がりました。前日あまり見られなかった「大通り公園」を端から端まで散策。
141004_082454.jpg

そして北の方へ歩いて行き、北海道大学の構内に入って行きました。
あちらに見えるのが「ポプラ並木」です。北大は広い!
141004_091908.jpg

内部は1つの村のようです。
141004_093237.jpg

クラーク博士の胸像ですね。歩いている学生さんに尋ねたら、有名な全身の銅像はここじゃなくて羊が丘展望台にあるそうです。
141004_094907.jpg

北大から札幌駅はとても近く、こんな大都市の駅近辺に広大な敷地を持てる大学は他にないことでしょう。
昨日とは反対側の北口から駅舎を眺めます。JRタワーの威容が見えます。
昼前には札幌を後にして、再び函館へ。
141004_095957.jpg

午後2時には函館に着いて、今度は函館見物です。いつもながらあわただしい旅であります。
141004_145528.jpg

港町らしい赤レンガの「金森倉庫」が並んでいます。
141004_145956.jpg

そしてこれから向かうのは、時代を感じさせる昔ながらの旧家を訪ねます。
そういう家は港を見下ろす山手にあるもんです。
141004_150730.jpg

いいですね、この感じ。こういう風情のある町並がとても好きです。
141004_151143.jpg

お目当ては、明治後期に金融業で財を成したという相馬哲平さんのお屋敷です。
和洋折衷の贅を尽くした見応えある邸宅です。いい仕事してました。
141004_151610.jpg

この蔵の古さがなんとも言えません。
141004_155007.jpg

函館の散策を終え、夕方5時を過ぎると少し冷えてきました。
北海道の旅のシメは「函館ラーメン」にしました。こちらは塩味です。
私の好みとしては、町もラーメンも函館の方が性に合いそうです。
141004_171645.jpg

函館駅前のホテルへ泊まり、翌早朝「スーパー白鳥+新幹線」で帰途に着きました。
北海道への旅おわり
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/370-701a9511
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top