FC2ブログ
2014
09.23

名護屋城

Category: 城めぐり
旅行代理店HISで「スターフライヤーで行く福岡」というパックを見つけ、この連休に4つの城をめぐってきました。
往復の航空券と博多のホテルがついて20800円という格安です。
私はこれに2泊を追加しての旅行でした。初日は先ず肥前・名護屋城へ。
泊まった西鉄イン博多の隣がバスセンターで、ここから唐津のバスセンターまで高速バスで1時間半。
140920_084428.jpg

ルートマップ⇒博多バスセンター~名護屋城
更にそこから路線バスを乗り継いで、午前11時にやっとこさ名護屋城の大手口に到着しました。
ほぼ3時間かかりました。
「城めぐり」を始める前に1度訪れていますが、その時はまだまだ見る目がありませんでしたもんね。
140920_112908.jpg

ここが大手口です。前回訪れた時は桜の季節で、櫓の上の桜が満開だったのを憶えています。
140920_113422.jpg

なかなかシブい標識であります。
140920_113458.jpg

崩れかけた大手口の櫓が時代の流れを感じさせます。
140920_113624.jpg

さあ、大手道を登って行きます。どんな景色が待っているのでしょうか。
140920_113940.jpg

登りつめた「東出丸」から徳川家康らの大名たちの陣屋があったところが見渡せます。
140920_114218.jpg

左に行くと「三の丸」が広がっています。
140920_114351.jpg

上の写真を真っ直ぐ行けば大手門があって本丸に行けるのですが、左側の「二の丸」方向へ迂回して行きます。
名護屋城は秀吉の大陸侵攻の出城だったのですが、秀吉の死後の徳川時代には破却されました。
その石垣を崩した後の大石が雑然ところがっています。
そうそう小田原攻めに造った「石垣山一夜城」もこんな状態でしたね。
140920_114600.jpg

本丸の外周である「馬場道」です。
140920_114727.jpg

「二の丸」の入口付近の石垣は往時の面影が残っています。
この上が「本丸」です。あまり高くはないので、実戦的ではなく政治向きの城だったようです。
140920_114914.jpg

「二の丸」の全景です。かなり広くて「本丸」と同じくらいの面積です。
140920_115018.jpg

建物の跡がありました。隅の方ですから蔵の跡でしょうか。
140920_115103.jpg

さて、本丸に登ってみましょう。
140920_120429.jpg

呼子大橋と玄界灘が見渡せます。
よく読み取れませんが「太閤の夢の果て」らしき唄が刻まれていました。
140920_120525.jpg

天守台の礎石です。本丸の隅には5層7階の大天守が築かれていました。
さぞや眺めが良かったことでしょう。が秀吉の栄華が空しくも感じます。
140920_120943.jpg

下を覗くと「遊撃丸」という出丸が築かれています。
この城は今年の大河の主人公である黒田官兵衛の縄張り(設計)だったという話もあります。
140920_121033.jpg

本丸の隅櫓方向から天守と遊撃丸方面を写すと玄界灘も入りベストアングルとなりました。
「もののあわれ」を感じる光景です。
140920_121316.jpg

帰りは「弾正丸」から「搦め手門」を下りて行きました。
140920_121913.jpg

最後に「名護屋城博物館」へ寄っておさらいをしました。
この博物館は大層立派なものですが、入場無料です。
この城を後世に残そうとする佐賀県の心意気を感じます。
140920_131639.jpg

そして来た時と同じ路線バスで今宵の宿である唐津へ戻りました。
「名護屋城」久々に見応えのあるお城でありました。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/364-a1c685b9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top