FC2ブログ
2014
08.08

12日目:二本松~飯坂温泉

Category: おくのほそ道
三日目は二本松の「智恵子の湯」を出発し、芭蕉の立ち寄った「飯坂温泉」へと向かいます。
2泊続けて温泉宿となりましたが、疲れた体には「いい湯」であります。

歩行地図⇒ 二本松~飯坂温泉

両脇に田圃が広がる田園地帯を北に進んで行きます。
遠くに見えるあの山を縫って行くのでしょう。
140723_085126.jpg

一応道が分かれるところは地図を確認しながら進みますが、だんだん山を上がって行きます。
みちのくはどこまでも田圃が続いてます。
実はこれが大きな間違いでして、歩行地図を見ればお分かりのように北に行くつもりが西へ向っていたのでした。
140723_092443.jpg

途中に「寿福院大日如来」という看板があったので、寄ってみました。
ここを過ぎたところで携帯の方位計を確認したら、完全に北ではなく西に向ってました。
140723_093001.jpg

戻るのもしゃくだから、どこかに抜けるだろうと進んでいくと「山ノ入」という集落に来ました。
コミュニティバスのバス停もあり、待っていれば元の街道へ行けるのかもしれません。
など思いながら、先に進むと昔からあったであろう石板が並んでいます。
多分この道も旧街道として使われていたのでしょう。
140723_095623.jpg

かなり歩いたところでギブアップ。
山の中にある1軒の農家(周りには家はありません)に声をかけてみました。
「済みません。ここはどこでしょうか?」
耳の遠いお婆さんしかいないので、話が通じません。
しばらくして私より年上の息子さんらしいオジサンが現れました。
事情を説明して、松川の手前の「八丁目」という宿場町に行く道を教えてもらいました。
まだ3kmくらい歩いたでしょうか、やっと旧街道の「八丁目」にたどりつきました。
この辺の住宅は、かつての宿場の屋号を軒先に掲げています。
140723_111948.jpg

全部で5kmくらいロスしたでしょうか、朝からもう疲れましたね。
この時の失敗から、やはり地図やGPSを駆使できる端末を持参したほうがいいなと感じました。
(必要性を感じて、老眼にもよく見えるタブレットを先日購入しました。次回からの武器ですね。)

後ろを振り返ると、かつての宿場町らしい道が続いてました。
140723_112134.jpg

この辺りから街道には、このような桃の自動販売機が設置されてあります。
2個で100円とか4個で300円とか都会の半額ですね。
140723_125158.jpg

たんたんと歩いて昼過ぎになりました。
特に食べ物屋さんもなかったので、途中のコンビニで食料を仕入れました。
そして食べるところはこの神社にしましょう。
街道歩きはコンビニと寺社には助けられます。
140723_133623.jpg

昼食を終え、みちのくの大動脈である4号線を超えて「伏拝」という由緒ありげな地名を通って行きます。
140723_135447.jpg

小高い山になっているところを旧街道に沿って歩いて行きます。
誰とも会いません。たまに車がすれ違うだけです。
140723_135900.jpg

途中「共楽公園」の手前で白い猫がたたずんでいました。野良猫でしょうか。
140723_140917.jpg

するとすぐに福島の町が眼前に広がってきました。
山を越えて目指す街が見えてくると感激しますね。
140723_141306.jpg

山を下るところで「舟繋ぎ石」という標識がありました。
ヤマトタケルが東夷征伐の時に舟を繋いだという伝説があるそうです。
140723_143712.jpg

そして15時過ぎに福島の町にやっとこさ到着です。
140723_154443.jpg

駅前には芭蕉と曾良の銅像がやっぱりありました。
みちのくは芭蕉と義経ゆかりのものが多いです。
140723_162211.jpg

疲れてはいますが、まだ本日の予定が残っています。
飯坂温泉に向う手前に芭蕉も立ち寄った「医王寺」があります。
140723_171917.jpg

町から離れた奥にあるので、軽く考えていましたが大層立派なお寺です。
ここも入館時間が過ぎていましたが、入らせてもらいました。2日連続ですね。
140723_172129.jpg

義経を信奉する芭蕉もここは訪れたいところだったようです。
140723_172339.jpg

ここには義経に従った佐藤兄弟のお墓があります。
義経を挟んで佐藤兄弟の銅像がありました。観光用ですかね。
140723_172507.jpg

さて疲れた体にムチ打って、飯坂温泉に向かいます。
通常は福島駅から福島交通飯坂線に乗って20分くらいのところです。
140723_174719.jpg

途中には「片岡鶴太郎美術庭園」という看板もあり、鶴太郎画伯の作品が置かれてあるのでしょう。
140723_175054.jpg

温泉街に入ってきました。
古くからの温泉なので、旧来のお屋敷もあります。
140723_175804.jpg

「飯坂温泉駅」に到着です。建て替えてクラシックモダンな駅舎になっています。
140723_180313.jpg

駅前の橋を渡ったら、もうあと5分で宿には着きます。
140723_180508.jpg

こちらがお世話になった旅館「入船」の部屋であります。
和風旅館はあまり慣れていませんが、ぐっすり眠れました。
サービスもよく2食付温泉ありで6千円、最高のコストパフォーマンスでした。
食事も部屋出しだったので、給仕してくれた娘さんに「こんなに安くていいんですか?」と聞いたら
「家族だけでやっているので。」との返事でした。オススメです!
140724_060527.jpg
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/358-396d9d83
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top