FC2ブログ

大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

足利直義(ただよし)

足利直義
この方をご存知でしょうか?
歴史の教科書などでは「伝:源頼朝」と習った記憶があります。
最近の研究では足利尊氏の弟:直義という説もあります。
いづれにしても、源氏の嫡流で冷静な事務屋さんというイメージです。
足利直義とはこんな感じの人だったのでしょう。

演じていたのは高嶋兄弟の弟:高嶋政伸さん。
政伸さん弟キャラが身についていて、1996年の「秀吉」でも
秀吉の弟:秀長を演じてました。この時の秀吉は竹中直人です。

動乱の時代の兄弟とは哀れなもので、遠くは頼朝と義経、織田信長や伊達政宗も
弟を自らの手で始末する運命になっています。
この尊氏と直義の兄弟も悲劇の終盤を迎えます。
鎌倉幕府討伐から建武の新政、足利幕府成立までは一致協力するのですが、
幕府成立後は南北朝の対立や幕府内の高師直などの武断派と直義ら事務方との対立
もあって、次第に兄弟仲が悪くなっていきます。

この足利幕府というところもヒドイところで、幕府成立の時は北朝を支持していたのが、
内部分裂が生じると南朝の北畠親房なんかがちょっかいを出すものだから、
南朝に寝返ったりする人が出てきたりで、もう何が何だか分からない混乱状態です。
南朝でも北朝でも都合のいい時だけ利用し、利用した後は寝返るという節操のなさ。
ミソもクソも一緒のようなモラルのなさが、足利幕府の重大欠陥と私は見ています。

ともかく最終回までこの兄弟の争いは続き、ついに戦いに負けた直義は鎌倉に幽閉され
尊氏の指示で毒殺されます。
直義の悲痛な叫び「兄はいいよな。好きで弟などに生まれてきたのではない!」

この悲劇をもってしても動乱の世は治まらず、尊氏も死を迎えます。
盟友の佐々木道誉と妻:登子に見守られ、静かに息を引き取ります。
ひと時も休むことのない戦乱に明け暮れた人生でした。
南北朝の動乱が治まるのは、孫の足利義満の時代まで待たなければならないのでした。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード