FC2ブログ

大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

ルーズヴェルト・ゲーム

日曜日に「軍師 官兵衛」を観た後に9時からTBSの「ルーズヴェルト・ゲーム」というドラマを観ました。
そう、池井戸潤原作であの昨年大ヒットした「半沢直樹」のスタッフが作る第二弾であります。

主演に唐沢寿明さんをもってきて、脇に江口洋介さんを配しています。
はーーん、これはフジTVでかつてヒットした「白い巨塔」のパクリではありませんか。
あの時は、権力欲むき出しの財前教授に唐沢、人道的に生きる正義感の里見医師に江口という配役でしたが、
今回は唐沢がいい人風の社長で、江口が悪い人風の専務という第1回の印象でありました。
唐沢が前半ずーっと押さえた演技でいて、最後の方で半沢風に爆発しましたね。

多分観られた皆さんも「半沢直樹」+「白い巨塔」という印象を持たれたのではないでしょうか。
特に私が注目したのがナレーションの山根基世さんでありました。
女性でありながら重厚で落ち着いたナレーションは特筆ものです。
同じ山根さんのナレーションが「半沢」らしさを醸し出していると言えるでしょう。

山根さんはNHK出身のアナウンサーで、『朗読の加賀美幸子、ニュースの森田美由紀、ナレーションの山根基世』と称されていたそうです。
3人ともNHKを代表する名女性アナウンサーですね。
NHKを退職されて民放へも出演されることになったのは、歓迎すべきことです。
「軍師 官兵衛」のナレーションで藤村志保さんの代役となった広瀬修子アナもお仲間だそうです。
そういえば、お二人は声の雰囲気が似てますね。

山根基世さんと言えば、私の思い出はやはり91年「太平記」のナレーションがナンバーワンであります。
鎌倉末期から南北朝の混乱に次ぐ混乱のドロドロした時代をよくもまあ大河ドラマに出来たと感心する作品でした。
その混沌とするドラマで冷静な語りを淡々とされていた山根アナのナレーションがとてもマッチしていました。

「ルーズヴェルト・ゲーム」期待して観てみましょう。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード