大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

4日目:小山~宇都宮

4月になると忙しくなるので、3月中に日光までは歩を進めたいと思い再び「おくのほそ道」旅を続けました。
通しての4日目は小山から宇都宮までであります。
大船から湘南新宿ラインに乗り込みます。
2時間の長丁場なので、トイレのある車両に陣取ります。
140321_081438.jpg

休日の早朝、しかも大船始発なので社内はガラガラです。
140321_081448.jpg

都内や埼玉のターミナルを抜けて、10時半頃に小山駅に到着しました。
前回見逃した小山城へ向って、駅前を西に歩くと国道4号線にぶつかります。
ここら辺は「小山評定通り」というのですね。
徳川家康が関ヶ原の戦いの前に上杉征伐へ向った際に、上方で石田三成ら西軍が蜂起したとの連絡をここ小山で受け、
福島正則ら豊臣恩顧の大名たちにどうするかの決意を促した場所であります。
現在の小山市役所のあたりだったとのことです。
140321_104159.jpg

駅から10分ほどで小山城の大手に着きます。
春祭りの準備が施されているようです。地元では祇園城と呼ばれています。
140321_104723.jpg

中世には小山氏の居城でしたが、北条氏がその後台頭しました。
空堀に北条氏の築城術が残されています。
秀吉の北条征伐後は家康の家臣である本多正純が入城しましたが、正純が関ヶ原の後で宇都宮に移った後は廃城になりました。
140321_105146.jpg

お城の真ん中を突っ切って、4号線を北上します。
JR両毛線を超える橋を渡ると、左手にこれから向う日光の男体山の雪を被った雄姿が見えました。
140321_113743.jpg

その右手には、あのテレビCMで有名だった「小山ゆうえんち」の跡地が巨大ショッピングセンターに様変わりしていました。
140321_113845.jpg

曾良の日記にも出てくる「喜沢」というところで壬生街道を進みます。
小山カントリークラブの真ん中を突っ切って行くと、途中ゴルフ客以外でも入れる道があるので進むと古墳がありました。
140321_121556.jpg

ちょっと右をのぞくと、そこはもうフェアウェイになっていてゴルファーがプレイしてました。
140321_121718.jpg

2時間ほど歩いて腹も減ってきて、食事をするところを探していたらレストランみたいなところを見つけました。
「ドッグカフェ山水」とあり、犬を連れた人は右から、食事だけの人は左からと入口が別々になっていました。
いろいろあるメニューから生姜焼き定食を注文、味もまずまずでした。
この辺は民家を改装したような食事どころが多いですね。
140321_125752.jpg

壬生への街道沿いには古墳が多く残されています。
こちらは「摩利支天古墳」と名付けられた前方後円墳であります。
140321_133137.jpg

これが前方部。
140321_133351.jpg

こちらが後円部です。
140321_133529.jpg

日光街道ではとても珍しいですね。道の両側に一里塚が残されています。
140321_135544.jpg

飯塚一里塚の銘があり、右側の方にはしなびれかけた細木がなんとか残存しています。
140321_135643.jpg

近くには下野国の国府もあり、ここら辺は古い時代から開けていたのでしょう。
街道沿いには遠くから目印となるような大木もあります。
140321_141149.jpg

壬生町に入って、本日の目的地が近づいてきました。
140321_144142.jpg

街道を左に反れ、思川を渡ります。
川向こうには雪を頂いた日光の山並みが迫ってきます。
140321_150055.jpg

今回の目的地である「大神(おおみわ)神社」に15時過ぎに到着。
芭蕉もここの「室の八嶋」に寄ったことを記してあります。
140321_151837.jpg

細長い参道を歩いて奥へ行きます。
140321_152257.jpg

あの道鏡もここにいたのですか。知らなかった。
140321_152404.jpg

苔生した芭蕉碑がありました。
140321_152536.jpg

ちょっとスケールが小さいような気もしますが、ここがあの「室の八嶋」です。
140321_152633.jpg

8つの祠には、筑波・天満・鹿嶋・雷電・浅間・熊野・二荒山・香取の神々が祀られています。
ここにお参りすると、これらの神社にお参りしたのと同じご利益があるみたいです。
140321_152654.jpg

大物主命が祀られている本殿です。
140321_153048.jpg

さて大神神社に参った後は、芭蕉のたどった道から外れて東武宇都宮線で本日の宿である宇都宮へ向かいました。
東武宇都宮駅に着いたのが夕方5時頃でしたが、まだ明るいので宇都宮城を訪ねてみました。
140321_170344.jpg

平成19年に木造で再建された櫓や堀がありました。
小山から移ってきた本多正純の居城でしたが、正純の改易後は譜代大名がめまぐるしく変わりました。
140321_170610.jpg

お城を訪れた後は、オリオン商店街というアーケード街のコーヒーショップで一休み。
さて宇都宮といえば「餃子」
お店のお兄さんに「餃子を食べるのにおススメの店はありますか?」と尋ねると
「この先を真っ直ぐ行って右折したところに『めんめん』という店が評判」とのこと。
コーヒーを飲み終わって行ってみると数人が並んでいます。
140321_175937.jpg

前に並んでいる夫婦連れに聞くと、午後6時開店だそうです。あと5分ですね。
140321_175946.jpg

ご夫婦は千葉から餃子食べ歩きにいらしたそうで、せっかくですから同じテーブルにご一緒させてもらいました。
羽餃子といってました。パリパリの皮がおいしさを引き立てていました。
1皿に6個あって350円。それとラーメンが600円でした。
3個食べてから写真を撮ることに気付いたので、3個に減った状態です。
140321_182003.jpg

この日は明日の日光行きを考慮して、JR宇都宮駅近くのホテルニューイタヤに宿泊。
1泊朝食バイキング付で6000円でありました。
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

4日目の宇都宮でささやかな晩餐をご一緒させて頂いた。
夫婦連れ(鎮守)です。ブログ拝見しました。
あの日はもう一軒餃子を堪能し浦安の自宅に帰りました。
先ずは日光まで無事到着とのこと まだまだ先は長いですね。
先週は「染井よしの」発症の地 駒込で花見でした。
勿論 家内とです。
浦安市 鎮守邦喜

お礼 

鎮守さん、コメントありがとうございます。
宇都宮では初対面ながら、九州の話で盛り上がりましたね。
お互い知っている土地の話が出てきて、楽しい時間が持てました。

あれからもう1軒行かれたのですか。
またお会いできたらいいですね。
  • posted by 柴 銑次郎 
  • URL 
  • 2014.04/07 19:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード