大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

新年明けましておめでとうございます

本年も当ブログをよろしくお願い申し上げます。開始以来この正月で満4年となりました。
下の写真は年末に立ち寄った小倉城のショットであります。
131222_121550.jpg

さて昨日は毎日通うジム(水泳)もお休みということで、鎌倉を散策してきました。
帰って歩数計を見ると丁度20000歩(12km)、こういう偶然もあるのですね。
いつものように北鎌倉の手掘りの洞門を通ります。抜けた先に見えるのが北鎌倉駅。
鎌倉時代からずっとここにあるのでしょうね。
131231_110416.jpg

そして円覚寺の山門を通り過ぎて行きます。
131231_110751.jpg

今回はいつもの鶴岡八幡宮方面ではなく、思いつきで源氏山方面へ向かいました。
亀ヶ谷の切通しを越えて行きますが、ややハードなので人通りは少ないです。
131231_112136.jpg

ぬかるんだ道や岩肌を登って行くことになってしまったので、靴の選択を間違えました。
下ってくるお年寄りは身軽にひょいひょいと降りてきます。ベテランですね。
131231_114100.jpg

低い山でしたので、すぐに登りきりましたがやや汗をかきました。
一休みして喉を潤し、右手の「日野俊基の墓」へ向かいました。
初めて来たのですが、静かで落ち着いたいいところです。
日野俊基・・・後醍醐天皇に従い、鎌倉幕府打倒のために全国行脚して捕まり、ここで斬首されました。
91年の大河「太平記」の序盤で榎木孝明さんが演じていたのを思い出されます。
131231_115613.jpg

お墓のすぐ近くには日野俊基を祀る「葛原岡神社」がありました。
そげな神社があったのですね。知らんかった。
131231_120020.jpg

縁結びの神様のようで、境内には男石と女石が赤い注連縄で結ばれてありました。
131231_120140.jpg

山の反対側へ歩いて行くと源氏山のシンボル「源頼朝像」があります。
天気がよくていい気持ちでした。
そうそう歩いて来る途中では富士山の上半分が見えました。
131231_122356.jpg

そして反対側に山を下り、宇賀福神社(銭洗弁財天)を周って鎌倉駅に着きました。
次の機会にはここから長谷の大仏~稲村ガ崎へのコースを探索してみましょう。
131231_123441.jpg
スポンサーサイト

Comment

謹賀新年 

 あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

 今年の新年はやや暖かい感じですね。鎌倉ですか・・・以前、3が日に鶴岡八幡宮へ参拝へ行ったことがありましたが、道路が混雑していてすごく難儀した記憶があります。源氏山の方は空いていたようで良かったですね。
 
 今年一年、良い年になりますように願っています。
  • posted by A☆六文銭 
  • URL 
  • 2014.01/02 21:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:謹賀新年 

おめでとうございます。今年もよろしく。
六文銭さん、コメントありがとうございます。

3が日に車で鎌倉に入るのは無謀ですね。横須賀線の踏切を越えられない渋滞となってました。
今では交通規制され周辺の道路は全て通行止めになっていますので、排気ガスなしで散歩できます。
正月は鎌倉はどこも混むので、いつも31日に雰囲気を楽しんでいます。年末がおススメですよ。
  • posted by 柴 銑次郎 
  • URL 
  • 2014.01/03 07:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード