FC2ブログ
2013
08.02

50水口~51石部

Category: 東海道53次
3日目、「大安旅館」は素泊まりだったので、朝の6時には出立です。ちなみに料金は5250円なり。
朝食を求めて近くのコンビニに行く途中、高さ10mくらいの「平成万人灯」が交差点にありました。
竹下内閣の「ふるさと創生資金」で造られたとのこと。
そういえば、鈴鹿峠を下ったところにあった「万人講」もそうなのかもしれませんね。
130717_061910.jpg

サンドウィッチで腹ごしらえをした後、東海道は川沿いの道を琵琶湖に向って行きます。
ここは琵琶湖にそそぐ「野洲川」の上流です。
130717_064448.jpg

この辺はまだ土山の一部ですが、滋賀県に入って朱塗りの連子格子の家が頻繁に見られるようになりました。
虫除けなのか防腐なのか関宿などでは見られなかったものですね。
あとで気付いたのですが、こういった処理をしている御宅は比較的裕福な感じがしました。
130717_072316.jpg

のどかな宿場町が延々と続いています。
この土山は、道をすれ違う小中学生、オジさんオバさん、お爺ちゃんお婆ちゃん全員が「あいさつ」してくれるのです。
いやー、感心しました!こんな旧宿場?の習慣がまだ残っているのですね。
さすが「あいの土山」!
130717_075054.jpg

歩き始めて2時間、丁度トイレ休憩できる場所があり、腰掛ける日よけつきのベンチもあったので一休みしてました。
見ると、ここは小学校の敷地内だったようです。写真の右手の方にトイレとベンチあり。
目の前には校長先生と思しき中年のオジさんが水をまいていました。

すると「どちらからいらしゃいました?」と話しかけてきました。
「横浜から歩いて東海道を京都まで行くつもりです。」と10分くらい旅行談を。
最後に「ここ公共のトイレかと思ったのですが、小学校の敷地内ですよね。セキュリティとか関係ない感じですか?」
「一応、校門(門柱のみでフェンスなし)には関係者以外は立ち入り禁止と書いてあるのですが。」と笑ってました。
なんとも鷹揚な土山がとっても好きになりました。
130717_082321.jpg

長かった土山宿の終わり近くに一里塚が復元され休憩所になっていました。
130717_091724.jpg

しばらく歩いたところに「岩神社」という標識があったので、少し丘を登ってみました。
中腹に岩神様を祀った祠がありました。
古い民間信仰でしょうが、素朴でいいですね。
130717_100633.jpg

歩くこと4時間、やっと次ぎの「水口(みなくち)宿」の江戸見付に到着しました。
いろいろ話したり見学したりで、歩くのに時間がかかります。
130717_104910.jpg

すぐに本陣跡はありましたが、説明のみで遺構は何もありません。
ほんと宿場毎に古いものを残してあったり、近代化されたり様々ですね。
水口は鉄道が通っているので、古いものが失われたのでしょう。
130717_105419.jpg

道が3本に分かれて行く、個性的な町並は残っています。
常夜燈や高札場は残されています。
130717_110117.jpg

かつての宿場のメインストリートです。なんとか風情を残そうとしている様子は伺えます。
130717_110813.jpg

そして3本の道が再び合流するところ、真ん中の道を歩いてきました。
130717_112433.jpg

昼時だったので、うどん屋さんで「うどんと箱寿司のセット」をいただいたあと寄り道して「水口城」を見学しました。
130717_123324.jpg

この城は三代将軍:徳川家光が上洛の際に宿泊用にわざわざ建てられた城で、防御用というより二条城のような接待用の城であります。
小ぶりながら上品な感じで、小堀遠州作の庭もあったそうです。

この櫓は再建されたもので、中は資料館になっています。入館料100円。
入ると客は私1人で、案内のオバちゃんが麦茶を入れてくれたりしてとても親切にしてくださいました。
今までの旅をいろいろお話していたら、帰る時はわざわざ見送りに出てきてくれました。
こういう旅話は結構中高年にウケルということがわかりました。
130717_123506.jpg

水口宿から次ぎの石部宿へは、ほぼ真っ直ぐで単調な道が続きます。
こういうのを畷道といいます。ここは僅かに残った松並木です。
130717_133242.jpg

再び野洲川にぶつかりますが、もうここではかなりの大きな流れになっています。
釣り人がチラホラ釣り糸を垂れてます。鮎でしょうか?
橋はなくなって国道の方へ大きく迂回しなくてはなりません。
130717_142150.jpg

川の手前には大きな常夜燈がそびえてました。かなりでかく東海道一ではないでしょうか。
130717_142237.jpg

石部(いしべ)宿が近づいてくると、「大沙川(野洲川の支流)」の下のトンネルを通ります。
いわゆる天井川というやつですね。川の下をくぐるのは初めて。
130717_153223.jpg

単調な道のりを2時間歩き、何の変哲も無いところにひっそりと石部宿の本陣跡はありました。
130717_171819.jpg

現在の石部宿の町並です。土山や水口と比べてもパッとしませんね。
徐々に琵琶湖が近くなり、ベッドタウン化されているのでしょう。
今日は、この近くの甲西駅にあるホテルで泊まることにしました。
130717_171943.jpg
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/303-6b625588
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top