FC2ブログ
2013
07.26

48坂下~49土山

Category: 東海道53次
関ロッジを朝の8時に出立。今日は最後の難関「鈴鹿峠越え」であります。
しばし国道沿いの脇道を歩きます。
前方の山々が鈴鹿山脈で、峠はそこを縫って行きます。
130716_091553.jpg

国道を右折し、のどかな田園地帯に入って行きます。
山の間間に村落があり、かつての里山の風情が残っています。兎追いし~♪
130716_094835.jpg

こちらはかつての小学校。過疎化で廃校になり、今では公共の施設になっています。
130716_095843.jpg

右手に小学校で左手が鈴鹿馬子唄会館ですが、本日は休館日でした。
その間の道に53次の宿場名が書いてある柱が立っています。
今まで歩いて来た道のりを振り返ることができました。
130716_100144.jpg

10分くらい歩くと、旧坂下宿の中心に入ります。
道の両側に民家はありますが、かつての賑わいは全くありません。
鈴鹿峠を控えて、本陣、脇本陣や多くの旅籠が立ち並び繁栄していた町も明治以降は鉄道などの近代交通に取り残されて急速にさびれたそうです。
130716_101336.jpg

かつての本陣は茶畑と化していました。
130716_102002.jpg

さていよいよ峠の坂道に入って行きます。
130716_105905.jpg

いかにも古そうな片山神社の横の旧道を登って行きます。
ここは「鈴鹿流薙刀術」の発祥の地だそうです。
130716_110548.jpg

おう、久しぶりの石畳ですね。金谷(掛川の手前)以来でしょうか。
石の感じは箱根に似てますが、箱根ほど滑らずに歩き易かった。
130716_110656.jpg

そんなこんなで国道の下をくぐったり、階段を登ったりしていたらすぐに平たいところ出ました。
あっけなく鈴鹿峠を越えてしまいました。難関と言われてたわりには軽かったですね。
多分、関宿から徐々に登って来ているので負担がそれほどなかったのでしょう。
あれが舗装のない道ばかりでしたら、やはり難所だと思います。
130716_111633.jpg

峠の左手奥の150mくらいに「鏡岩」という名所があるとのことで行ってみました。
この岩肌が鏡のように反射して、山賊が旅人の様子を観察したと言われてます。
山賊が今の私の姿を見たら、ヒゲがのび放題で同業者だと思うのではないでしょうか。
130716_111945.jpg

「鏡岩」に登ってみると、国道1号のつづら折をトラックが行き来しているのが見えました。
130716_112102.jpg

三重県(伊勢)と滋賀県(近江)の国境が、この峠ですね。
京まで17里(68km)ですか、まだまだです気は緩めませんね。
130716_112708.jpg

滋賀県に入るとスーッとのどかな空気が流れてきます。
何故でしょうか?山の手前と向こうでは風土がガラッと変わることがよくあります。
130716_112723.jpg

こんなところに「万人講」とある大きな石灯籠がありました。目的がよく分かりません。
130716_114204.jpg

そうそう鈴鹿馬子唄の文句に「坂は照るてる 鈴鹿はくもる あいの土山雨が降る」とあります。
坂下は晴れていても峠を越えた(間の)土山は雨が降るくらい天候が変わるという教えです。
そういえば土山に入ってから少しパラッと降りましたもんね。
130716_121552.jpg

実は土山への途中、峠越えで飲む水の量が増えて持参の水が切れたとこでした。
この暑い中、水がなくては困ったなと思いながら歩いていたのですが、ある村落で1台の自動販売機を見つけました。
ホント砂漠にオアシスという気持ちでした。
延々と国道沿いの脇道を歩くこと1時間。田村神社手前のうっそうとした森の中に新設された「海道橋」を渡ります。
130716_132044.jpg

この田村神社はかなり格式の高いところだと歩いていて分かります。
祀ってあるのは「坂上田村麻呂」ですね。
130716_132422.jpg

数日後にお祭りがあるようで、電灯が飾られてあります。
東海道を歩いていると意外なところに古い格式のある寺社があり、土地の歴史を感じさせます。
130716_133603.jpg

がーーん!坂下から土山にかけては食事するところがなく、道の駅「あいの土山」ですればいいと思っていました。
ところが本日は定休日と、「あいの土山」に空腹の私への「愛」はなかったのですかね。
もう午後の2時ですが、このまま歩き続けるしかありません。
130716_135257.jpg

とぼとぼと土山宿を歩いて行きます。道がカラー舗装されて東海道歩きの人のコースガイドになります。
130716_141150.jpg

土山は民家の前にかつての旅籠名の石碑があり、町をあげてかつての宿場気分を盛り上げています。
亀山などの板に屋号を書いてあるのもいいですが、こちらの方がよりいいですね。
130716_142318.jpg

土山宿を歩くこと1時間。やっと食事ができそうな店「うかい屋」を見つけました。
食事をした後に聞いたのですが、ここのご主人は私がガイドブックにしている本の協力者でもあるそうです。
私は蕎麦を注文しましたが、これも後で聞いて名物の「夕霧そば」だったとのこと。メニュー選択は正しかったかな。
古民家を改築して、東海道歩きの本や情報を発信しているお店作りに感心しました。
130716_151641.jpg

土山宿の中心にある本陣跡です。子孫の方がお住まいのようで公開はされてないようです。
130716_152155.jpg

そしてこれが私めの今宵の本陣となる「大安(だいやす)旅館」です。外観はいたって普通の民家です。
土山宿にはここ1軒しか泊まるところがなく、選択の余地はありませんでした。
過去に東海道を歩いた人のブログを参考にすると何人かがここに泊まっていました。
評価は「全く競争がなくサービスは最低」とのことでしたが、人の意見は話半分ですね。
宿泊客は私一人でしたが、わりと親切に応対してくれました。普通じゃないでしょうか。
お風呂もちゃんと沸かしてくれて、洗濯も洗剤をもらい脱水してくれたりしてサービスよかったですよ。
ひょっとすると人を選ぶのかもね。ぐっすり眠れました。
130716_180405.jpg
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/301-fd3a9e6f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top