FC2ブログ
2013
01.27

金沢文庫

Category: 散歩
昨日トレーニングを兼ねて、金沢文庫まで12kmの道のりを散歩しました。
実は横浜に住んでいながら写真ではよく見る「称名寺」を訪れたことがなかったのです。
途中腹ごしらえに立ち寄った回転すしの店を含めて約3時間の行程でありました。
金沢文庫の住宅街を抜けると称名寺の「赤門」がありました。
130126_135959.jpg

参道を進んで行くと両側にはお蕎麦屋さんや料亭がありますが、ひっそりとしてあまり人出はないようです。
130126_140107.jpg

立派な「仁王門」ですね。歴史を感じます。
130126_140317.jpg

正面に「反り橋」があります。朱塗りが色あせてきていますね。
130126_140511.jpg

もう1つ橋があり、向こう側には「金堂」と藁葺きの「釈迦堂」が見えてきました。
上空を大きなトビが飛んでいて、獲物を狙っているようです。
鯉にエサを与えていた人がいたので、急降下でかっさらって行きました。コワー。
130126_140556.jpg

このアングルがよくカレンダーなどで使われる風景ですね。
紅葉や雪景色が似合うところですが、本日も山影が池に写りいい雰囲気です。
名所旧跡は寒い時期に訪れたほうが、がやがやしてなくていいですね。
130126_141436.jpg

上の写真の左手の方にこの称名寺と金沢文庫を興した北条実時の胸像がありました。
鎌倉幕府の頭脳でもあった実時、2001年「北条時宗」では池端慎之介さん、なんとあのピーターが演じていたのです。
それと今日新しい発見がありました。
91年「太平記」で今は亡き児玉清さんが演じていた15代執権:金沢貞顕は、この実時の孫でした。
裏の方に貞顕と父の顕時のお墓がありました。
130126_141921.jpg

さらに左手奥には「金沢文庫」へ通じる隧道が。
この辺はいくつかの隧道が掘られてあり、実際に歩けるのはこの1つです。
130126_142010.jpg

これが現代の「金沢文庫」。実時が作った金沢文庫は場所の特定はできていないそうです。
130126_142119.jpg

本日の散歩はさらに東側の「海の公園」まで歩を進め、「八景島」を遠くに眺める浜辺を散歩し、シーサイドラインという交通機関で帰ってきました。
130126_145433.jpg
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/274-057e411a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top