FC2ブログ
比較的新しい1993年の作品であります。
奥州藤原氏をテーマに渡辺謙が「独眼竜」以来6年ぶりに主役を張りました。
さすが目ヂカラがある迫力の演技でしたね。
前九年の役とか後三年の役とか出てきて、かなりレアな時代のお話です。
この作品は変則的に7月から始まり翌年3月までの放送だったのです。

昨日コメントした「風と雲と虹と」と微妙に関連があって、
平将門を討った藤原秀郷の子孫といわれている藤原経清(渡辺謙)が
前九年の役で源氏と始めは協力し、その後対立して討たれるまでが前半。

最後の殺されるところが残酷でした。この場面が一番強烈でした。
源頼義(前に取り上げた佐藤慶)が裏切った経清に激怒し、
ノコギリ轢きで処刑するのです。
わざと歯こぼれした斬れない刀で首をジワジワと斬るのですよ。
これは痛そう。とてもかわいそうで見てられませんでした。
その痛みに藤原経清(渡辺謙)は涙を流しながら死んで行くのです。

昨年、この場面を平泉の藤原館のロウ人形で見ましたよ!
訪れてみて下さい。土産物屋のネエちゃんがかわいかった。
藤原ゆめやかた

次はやや時間が経過して藤原経清の息子:藤原清衡(村上弘明)が主役に。
本来は嫡男だから殺されるはずだったのに、多分お母さん(古手川祐子)が
チャーミングだったからでしょう。敵将の清原氏に母子ともども世話になります。
名前も清原清衡なんてつけられて、「清」ばっかりですね。
まあそれから、清原氏の内乱や源氏の八幡太郎義家なんかが出てきて
後三年の役が始まるのです。

ところで、なんとかの「乱」とか「変」とか「役」とかあるけど、何なんでしょうかね。
いちおう「通称しばせん」なんて名乗っているから答えますが、
どうやら「役」は夷敵をやっつける戦いの時に使うようです。
元寇の「弘安の役」や秀吉の「慶長の役」なんかもそうですね。
だから当時(1100年頃)は奥州あたりにいるのは全部夷敵だったのかも。
(あくまでも京都にいる朝廷の見方ですので、東北地方の皆さん悪しからず。)

今日は眠くなったので、この辺で失礼します。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/27-9dc837e9